理想のお客さんと付き合えてますか?

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

今年、、、と言っても
まだ終わってはいませんが

「お付き合いする人」

が大きく変化してきました。

 

 

カンタンに言いますと、
今お付き合い頂いている方々は
素晴らしい経営者さんばかりです。

ひと言、ふた事で共鳴し合えます。

 

 

 

とは言っても、
この仕事をはじめた頃は

「〇〇の方法を教えて欲しい」

「今すぐ売上を上げる方法を知りたい」

「今月何とかしなければヤバイ」

と、
いわゆる小手先テクニックを求める様な
人ばかりが近づいてこられました。

 

 

いわゆるクレクレ君ばかり。

まあ、しんどかったです。

 

 

そして昨日、
昔僕が書いていたブログを
読み返していました。

 

それこそ、
「お付き合いしたくない人」
達が反応されていた頃。
(失礼な表現ですいません)

 

 

ブログを見てすぐ分かるのが、
僕の当時の発信メッセージが

「美味しそうに見える」

のです。

 

そりゃ、それ相応の人たちが
反応して当然です。

 

 

 

いたって当たり前の話ですが、

自分が発信しているメッセージに
共感される方が反応されます。

 

手法オシのメッセージなら
手法を求める人が反応します。

必殺テクニックがあるかの様な
一発逆転策を匂わせるような発信は
それに共鳴する人が反応する。

 

 

とっても当たり前の話ですが、
理想のお客さんとお付き合いが
出来ていないなら、

その理由は「自分」でしかありません。

 

 

 

 

最近、よく頂く相談事として

「理想顧客像を見直したい」

と言う内容があります。

 

自分の成長と共に、
お付き合いしたい人が変化するのは
当たり前ですからね。

 

 

なかでも、

「本当はこの様な発信をした方が
良いのは分かっているけど…」

と、

自分の想いと発信している内容に
ズレがあるのを自己認識してるケース。

 

コレは問題は明確ですし
修正はすぐできるはずです。

 

 

 

美味しそうな発信をすれば
多くの人たちが反応します。

そして、
僕はそれも分かっていながら
美味しそうな発信を辞めました。

 

すると、
素晴らしい思考をお持ちの方だけと
お付き合いが実現できています。

 

 

何を優先し、何を捨てるか。

コレは商売においては
必須の要素だと僕は捉えています。

 

 

 

今お付き合いしている人は
自分が生み出している。

コレを改めて腹落ちさせておく事は
何よりも大切じゃないでしょうか。

 

 

と言う、
抽象的な今日の発信でした。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です