枝葉よりも「軸」

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

もう3年ほど前の事です。

とあるお店の経営者さんと
面談をしました。

いわゆる、お試しの面談です。

 

 

地域に根付いたお店で
数店舗のチェーン展開。

その社長さんに今やっている事と
考え方をお聞きしました。

 

 

先に結論を言うと、
お取引はしませんでした。

 

 

この面談の際、経営者さんに

・今やっている事
・なぜそれをやってるのか

ザックリ言うと、
この2点は確認させて頂いてます。

 

 

この経営者さんが仰ってたのは

「もう路面店は20年以上
やっていて、色々な手は打った」

「もう店では何もやれない」

「WEBを使って(食品の物販)
お客さんと売上を増やしている」

との事でした。

 

要は、
今やっている路面店に対しては
ご自身では限界と考えられていて、

既存顧客への更なる価値提供じゃなく
新しいお客さんを増やすという
取り組みに注力しているとの事でした。

 

 

 

WEBで新たなお客さんを獲得し、
売上は上がってるとの事。

ですが、、、

「手間が過剰に掛かる様になった」

「路面店の売上はジリ貧」

「路面店への更なる注力に関しては
まったく取り組む気持ちが無い」
(諦めている)

「新規顧客を増やす事だけが
唯一の取組みと言う信念しか
お持ちではない」

さらには、、、

「WEBでの利益率が低く、
かつ、WEB売上構成比が
上がり続けている」

と言う感じでした。

 

 

そんな状況でありながら
僕へのご相談事は、

「WEB売上を効率よく
上げる為にサポートできるか?」

でした。

 

 

路面店売上がその会社さんの主軸。

にもかかわらず、
店への取り組みは考える余地はなし。

 

 

 

僕自身もそうですが、

何が自分のビジネスの軸に
なっているか?と言う事を
見失ってはいけないと思います。

 

 

軸がジリ貧であれば、
枝葉で売上が上がったとしても
やはりやせ細り続けてしまいます。

自分の軸になっている事を
いかに磨き続けるか。

 

コレがビジネスを確固たるモノに
して行く為の取組みだと思います。

 

 

 

オプションの様な売上より、
軸に根付いた売上。

ビジネスモデルを見直す時は
まず根っこだと思います。

 

 

 

見直さず思ったまんまに書きました。

何かのヒントになれば嬉しいです。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です