上手くいく人はみんなこうする

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

今僕は、

・中小企業さんコンサルティング
・ひとり起業家さんコンサルティング
・起業家さん向けの塾

と、

基本的には3つの事をしています。

 

 

個別コンサルティングの
クライアントさんに関しましては、

月に1回は面談の時間を確保頂き
お会いしております。

 

 

でも、たまに

「毎月会って何してるの?」

「毎月会って話す事あるの?」

と質問される方もいるので、
今日はこのあたりのお話を
する事にします。

 

 

 

 

少しお話は変わりますが、

・上手くいく人
・上手くいかない人

この違いってあなたの視点から考えると
何だと思いますか?

 

 

 

 

僕がこのお仕事をさせてもらっていて
感じる事で言いますと、

「上手くいってる人はまず
『1』進める事に集中する」

「上手くいかない人は一気に
『10』進めようとする」

こうじゃないかと思います。

 

 

もっとカンタンに言えば、
小さな行動を続けられている方は
成果を出されています。

 

 

 

僕が毎月のクライアントさんとの
面談でどんな事を話しているかと言うと、

「1進める為の話」

と捉えています。

 

 

1を進めるにおいての障壁が何かあり、

その障壁を特定し、クリアにして
次なる一歩を進める。

 

そして、次なる一歩を進めたら
また新たな課題やしたい事がある。

 

 

 

自分の未来を遠くに置きすぎると、
行動も思考も抽象的なままになります。

ノウハウで一発逆転策を求めるのは
まさにこんな感じかもしれません。

 

 

 

私たちがすることは、

・1歩進む為の弊害を特定する事

・その弊害をどの様に克服するか

って事じゃないでしょうか。

 

 

 

たいていの場合、

「分かっているけどやってない」

と言う状態じゃないかと思います。

 

この「けど」には障壁が含まれていて
それを解決する事が成果に繋がります。

 

「けど」を軽んじてはいけません。

 

 

 

小さな障壁を解決することで
1歩目が生まれます。

そしてその1歩目の行動を継続すると
大きな成果につながります。

 

 

 

成果が望む様に出ない時ほど、
目の前の1歩進める事に集中する。

 

上手くいってる人ほど、地味ですね。

 

 

 

1歩目を進めた方がいいのは分かる。

けど、何が原因で進む事が出来ないのか
わからない。

 

そんな方には個別でお悩み解決できる
機会を近々ご案内します。
(かなり限定的ですが)

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です