「勝つ」ではなく「負けない」

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

昨日は東京日帰り、
本日、既に早朝から京都にいます。

今週は自宅滞在時間が短いです。

 

 

昨日、
東京で僕が主催している起業塾でした。

 

そこでお話した事を少し
ご紹介したいと思います。

我ながら、良いお話じゃないかと!笑

 

 

 

私たちは「勝つ」と言うことを
無意識に望んでいたりします。

 

勝つとは、いわば、
「自分の想定した通りの結果を得る」
そう言うイメージです。

 

でも、実際は自分が望んだ通りに
進むことはありません。

 

 

「勝つ」=
「こっちが望んだ形に持ってく」

 

コレは単に、
自分が売りたいモノを売るだけ。

 

 

一方、「負けない」について。

 

そもそも試合と言うのは、
負けなければ勝ったも同然。

最悪の場合でも引き分けです。
(損益は出ないという意味)

 

 

私たちは何度も闘わなければ
いけません。

そしてその闘いにおいて、
毎回勝利を望んでもそんな結果を
得ることができません。

 

 

商売、いわば長期戦。

となると、
勝ち(黒字)と負け(赤字)の
バランスで利益が決まります。

 

 

大きな勝利を求めると、
いきなり大勝負に挑んでしまいます。

 

小さな勝利、負けない闘いを続けようと
取り組んでいると、
小さな勝負を何度も行います。

しかも、負けないので大損しない。

 

 

 

いかに負けない戦いを続けるか。

コレが長期的に成果を出し続ける
基本的なマインドセットだと思います。

 

負けない、いわば妥協点を見出し
商売に繋げていくとも言えます。

 

 

 

当たり前の話ですが、

大きな成果を出されている人は
いきなりそんな成果を得た訳では
ありません。

 

負けない戦いをひたすら行い続け、
勝率を少しずつアップさせていく。

そう進んで来られたんでしょう。

 

 

ノムさん(野村監督)の言う、

「勝ちに不思議の勝ちあり、
負けに不思議の負けなし」

って深い言葉だなと思います。

 

 

 

ラッキーパンチをラッキーで終わらせず
再現性のあるモノにする、しないは
自分次第だと思います。

 

 

僕も負けない戦いを続けていける様、
いきなり大きな成果を求めない様、
戒めで今日の記事を書いてみました。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です