先に「枠組み」を決めておく

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

「私は大成功を収めた人に会うと
成功があだにならないよう祈ります、
と言う事にしている」

C・G・ユング

 

 

尊敬する起業家仲間の方から
良い本を勧められ、読んでました。

 

 

以前から感じていた事なのですが、

収入が高い=幸せ、じゃないなぁと。
(まあ当たり前ですけど)

 

 

年商じゃなく、年収で1億近い人も
僕の知り合いにいるのですが、

その方、幸せな顔をしていないんです。
なんかいつも影があるんですよね。

 

他にも同じ位稼いでいる人もいて
その方と1ヵ月位前に飲んでたのですが、

飲んでいる際に電話がジャンジャン鳴り、
ペコペコしながらほろ酔い状態で
電話をしていたり。

 

オマケに電話が終わったら
ため息をついていました。

 

 

 

なかには、家庭崩壊状態で

「あと1年待ってくれ」

と言いながら、
一向に変化が無い状態を続けて
家庭を顧みず状態の人がいたり。

 

稼いでるのに、孤独だったり。

 

 

働き方、と言うか、
仕事との向き合い方と言うか。

先にコッチを決めておかなければ
忙しさが増して行く一方だし、
色んな事を際限なくやっちゃう
という事にもなり兼ねません。

 

 

売上が上がる度に時間が削られる。

となると、、、

仕事を通して実現したいと思っていた事が
できない状態になります。

 

 

働き方と言うか、
自分の人生の枠組みみたいなモノを
先に決めておかなければならないと
僕は思います。

 

ちなみに僕は、
基本的には土日は仕事をせずに…

等々、事前に「枠」を決めている事が
色々とあります。

 

その限られた枠の中でいかに
精度を上げ仕事をするか。

コレが僕のひとつの課題でもあります。

 

 

 

価値観は人それぞれなので
仕事漬けが良い人もいれば
バランス良く、、、を望む人もいます。

 

いわゆる、誰に何をどの様に
提供したいのか。

コレも上記の話に関わってきます。

 

 

 

僕は何だかんだ過去に失敗が多いので
仕事に対する枠組みを先に決めてますが、

こう言った事を考え直す機会も
大切かもしれませんね。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です