もし何の〇〇も無いなら?

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

昨日はあさイチから8月目標を
再度明確に書き出し、

その為のタスクをババッと書いて
あとは日々の予定に振り分けました。

 

7月は不甲斐ない終わり方だったので、
今月はそれを盛り返さなければなりません。

 

 

でもまだ打ち手としては不足してるので
もう少し時間を取って考えようと思います。

 

書き出す事でスイッチオンになりますね。

 

 

8月はやりますよ!!
と言って、自らを加速させようかと。。

 


 

【もし何の〇〇も無いなら?】

 

コンサルティングの仕事をしていて
思う事があります。

 

今やっている事が本当にしたい事なのか。

コレに関してシックリ感を
得られていない方もおられるなぁと。

 

 

戦術面で違和感を感じるタイミング、
戦略面で、コンセプト面で・・・

等々あり、

行く末には方向性やビジョン、
自分自身のミッションだったりと
自分のあり方に対し答え合わせが必要な
タイミングも定期的にやってきます。

 

最終的には自分が目指す方向に
一致していないと力を入れ続ける事が
難しくなりますので。

 

 

大抵の場合、
過去の自分に引っ張られがちです。

・今やっている事
・今まで積み上げてきた事
・今まで進んできた方向性

などです。

 

今の商品があるから。

今のお客さんがいるから。

今までの経験積み上げによる
サービスのウケがいいから。

今の従業員が・・・。

この様な事に囚われてしまいます。

 

 

 

何か新しい事を見出すときは、
決まって今まで持っていた何かを
失ってしまいます。

そうなると、やはり勇気もいります。

 

みたいな話は大きくなりすぎなので
まずは自分自身が進みたい道を
確認しておく事が大切だと思います。

 

 

僕はコンサルティングの時に
よく使う言葉があります。

それは、

「もし何の制限もないなら、
何をしたいか」

です。

 

 

頭の中にある制限は、
過去からのモノです。

それを全部剥がさなければ
次のステージに行けません。

 

まずは思考からですね。

 

 

 

僕は以前は今とは違う方向性で
コンサルタントをしていました。

そして、色々と違和感を覚えた結果、
自分の方向性を大きく変えました。

 

失ったモノは大きかったですが、
それよりも数倍も大きなモノを
手に入れる事ができました。

 

 

 

何の制限もないなら、何をしたいか。

この答えに対して、
今でも出来る第一歩を探して行けば
必ず道は拓けてくると思います。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です