「競合」を決めるのは私たちじゃない

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

先日、車を車検に出したという話を
メルマガに書いたところ、

「何の車に乗ってるんですか?」

と、とあるクライアントさんから
ご質問を頂きました。

 

車に関係する仕事をしている方なので
興味をお持ち頂けたそうです。

 

 

今の車に買い替えたのは、
約1年半ほど前です。

 

和歌山と言う田舎に住んでいると
車は必須。

ちなみに、乗ってるのはSUVです。

 

 

ってな事を質問いただいた方に
お話をしました。

 

 

すると、

「他のどのSUVと迷ったんですか?」

と質問されました。

 

「いえ、
僕は他のSUVは全く調べてません」

と僕は答えました。

 

 

 

僕は大阪市内を除いた関西圏の
クライアントさんのところには
車で行ってます。

 

いわば営業車ですので、

・燃費がメチャ良い
・荷物がソコソコ積める

車を選択する基準は、この2つのみ。

 

 

そもそも良い車ほしいなぁ~
と言う欲求はありません。

(SUVでダントツ燃費1番の車かと…)

 

 

このクライアントさんは、
車に詳しいと言う事もあり、
僕がSUVの中で迷ったんだろうと
お考えのようでした。

 

ですが、
僕が迷ったのはプリウスのような
超・燃費が良い車だけ。

 

 

と言う風に、

・一般のお客さんが考えている競合他社
・売り手が考えている競合他社

この2つには大きな差がある事が多いです。

 

 

「ウチは〇〇専門だから、
競合はアソコとココに違いない」

こう考えている方は少なくありません。

 

 

競合を決めるのは、お客さんです。

 

 

トレーニングジムの競合は
トレーニングジムとは限りません。

サプリメントかもしれません。

 

 

私たちが思う、

「こうに違いない、きっとこうだろう」

と言うのは、空想かもしれません。

 

 

 

お客さんの思考というのは
一度聞いたら終わり、じゃありません。

 

決めつけが発生している時は
そこから進化しようとする行動を
何ひとつしなくなっちゃいます。

 

 

自分が発信するメッセージ、
何かしら競合を意識しているかも
しれないですが、

私たちが勝手に決めている競合、
お客さんの頭の中でも本当に
競合になっているかどうか。

 

コレを確認しておかなければ
お客さんの心に響きません。

 

 

 

あなたの事、
お客さんはどう見ているでしょうか。

 

お客さんの心情って、
数カ月もあれば大きく変化します。

定期的に確認も必要ですね。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です