言葉の矛盾

 

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

「ウチは客単価が低いんだ。
だから競合より客数を増やさないと」

 

「ウチは顧客との取引期間が短いから
新規客を獲得し続けないといけない」

 

「ウチはリピート率が悪いんだ。
だから広告費を今以上にかけて
もっと集客しないといけないんだ」

 

冷静に見ると、すぐ分かります。

いわゆる、究極の歪曲(わいきょく)です。
(歪曲=話の前と後ろがかみ合ってない)

「忙しいから出来ない」
なんかもそうですね。

 

上記の文面、
何が問題かは分かると思います。

「だから」と続けたらそれっぽいけど
文章としては繋がってません。

 

でも、話をしている本人は
この問題になかなか気が付かないモノ。

 

 

と言う事で、
今日はこの歪曲シリーズで
行きたいと思います!

 

「利益を上げないといけないので
鉄板の広告を出して集客する」

 

「忙しい状況を何とかしたいので
コンサルティングに申し込みましたが、
今月は忙しくて時間が取れません」

 

「次にやりたい事があるので
それは大切だと思うけど、先にコッチをする」

 

「アレは上手くいかなかったので
次はコレをやってみる」

 

「新サービスを散々販売しても
売上が上がらなかったので、
今年は去年の2倍以上のサービスを出す」

 

「美人は性格が悪い」

 

「従業員の生産性が悪いので
新しい従業員を雇用しようと思う」

 

 

色んな事例がありそうですが、
パパッと浮かんだのはこれ位です。

 

われわれは、
上記の様な言葉を自分で使ってると
ほぼ気付きません。

 

その結果起こり得る事としては

「目的とやってる事がズレる」

って事です。

 

知らず知らずのウチに物事が派生し
本来の目的を見失った行動をする事が
多々あります。

 

 

今日はオチは無いですが、

要注意と言う事で。

 

コンサルタントはこの違いに
気付ける力が無ければなりません。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です