こうすればいいのかー!

 

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

今日は僕の性格の悪いところが
少し出るような話かも、、、です。

 

 

とある方からこの様な事を
言われました。

「林田さんがFBでやってた事を見て
『こうすればいいのか~!』と思い
そのままやってみたんですよ~」

「でも結果が出なくて」

「なぜなんでしょうね」

 

この方は、
クライアントさんじゃありません。

以前から何気にお付き合いがあり
フェイスブックで友達になってる方。

 

僕がFBで投稿していたのを見て
マルマル真似てやってみた、との事。

 

 

でも結果が出なかった。

なぜなのか?

 

 

コレは当たり前でしかありません。

 

 

僕は今、
末恐ろしいレベルの社長たちが
集まっている塾に参加しています。

ウン億クラスの方が何人も…汗汗

 

彼らは、外から見えるとキレイに
仕事を進めている様に見えますが、
実際は泥だらけの活動をしています。

よく言う、水面下で足を必死に
バタつかせている、ってヤツです。

 

 

 

成果が出る/出ないの違い。

それは、
見えている事だけが理由じゃ
ありません。

 

一般的に多いのは、
見えている表面だけを見て判断し
あたかもそれを完全にマスターした
みたいな感覚です。

 

 

師匠の言葉は、
行間に本質が隠されています。

涼しく成功している様に見える人は
普段は涼しさと真逆の活動をしてます。

 

部分的なパクリは、
何の意味も成しません。

表面的な事だけではなく、
本質部分からパクることで
成果が出ます。

 

 

上手くいってる人の行動を見ると
一見カンタンそうに見えます。

 

でも、その上手くいってる人は
それを行う為に数カ月、数年も
何度も繰り返して今の形を作ってます。

 

 

僕が思うに、

「こうすればいいのか~!」

と言う言葉はあくまで表面。

 

「こう考えればいいのか~!」

の方がまだ本質に近いです。

 

 

師匠の話を1度、2度聞いて
マスターしたつもりになってると
いつまでも現在地から抜け出せません。

彼らは、自分が持っているスキルを
「一部の言葉」を使って表現してるだけ。

 

 

成果を出している人、
成果を出し「続けている」人には
それ相応の理由があります。

表面から見えない要素で、です。

 

 

まあ、今日もウケの悪い話ですが
コレを理解している人こそが長く
活躍し続けている人だと思います。

 

 

 

僕は昨日で小さなチャレンジが
一旦終了しました。

 

再来週から、更なるチャレンジ開始。

毎回、小さなチャレンジング要素を
入れながら頑張ります。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です