「軸足」が残っていないか

 

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

「変わりたいけど変われない」

「やった方がいいんだけど…」

「やった方がいいのは分かるが」

 

商売の規模にかかわらず、
独立して仕事をしている人なら
きっとこの様な事を頭でささやいた事は
あるはずです。

 

 

 

昨日の夜、とある映画を見ました。

その映画の中の以下のフレーズが
印象的でした。

 

「より深い内なる力を見つける機会は
人生が最も困難に見える時にやってくる」

 

このセリフの後に言ってた事が、

「自分が直面しなければいけない要因と
ものの見事に直視させられる機会が必ず来る。
それを超えるか超えないかで未来が決まる」

との事。

 

もっと分かりやすく言うと、

「覚悟を決めて進もうとすると、
超えようと思った壁に対して
対極の出来事が必ず待っている」

って事です。

 

お金を生み出そうとすると
急にお金が必要になったり、

時間を生み出そうとすると
時間を多く取られる事が増えたり。

 

 

僕自身もまだまだ修行の身ですが、
大きなチャレンジする時には必ず
「避けたい状況」が面と向かって現れます。

 

もはや、テストです。

「本当にココを超えて先に進みたいのか」

と。

 

このテストが1回だけじゃないから
面白いなぁと感じます。

 

 

 

わたしたちは日々試されていて、

そのテストに挑み続ける人が
理想の未来を得ていますし、
避けていった人はそれ相応に留まります。

 

 

リスクが伴うチャレンジをした人は
(やり切った人、です)
後悔していませんが、

チャレンジしなかった事については
大きな後悔を残します。

 

想像通り、中途半端が最も最悪です。

 

 

 

チャレンジの壁が大きいほど
それを超えた時には大きな収穫を
得る事ができる。

 

 

自分の軸足が過去に残ったままだと
大きな飛躍はできません。

 

 

チャレンジする時は、軸足も外す事。

 

僕自身、直近でその様な経験をしました。

やはり行動する事で自分の成長機会が
現れますね。

 

 

今年はもう後半に入ってますが、
僕は後半で成し得たい事を再度
書き出してみました。

 

「あ、そうだ!コレもしたかったんだ」

と言う要素が多々出てきます。

 

 

 

見て見ぬふりじゃなく、
まずは自分自身を直視する事。

コレをやり続けている人は成長を
続けています。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です