自分の価値を下げている事例

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

6月スタートですね。

半期がこの1ヵ月で終わります。

 

調整、挽回を掛ける方も
おられると思いますが、
月初から加速していきたいですね。

 

 

あと、
コチラをまだ登録されてない方、
ぜひご覧下さいね。

ltv-design.com/lp/lp1

 

 


 

【自分の価値を下げている事例】

 

土日、自転車を買いに行きました。
奥さんの自転車です。

 

やっぱり接客を体験するのは
色んな発見があります。

 

 

まず1件目。

自転車専門の大型チェーン店。

 

店員さんが笑顔であいさつ。

そして、

「何かあったら言って下さいね~」

と爽やかに声をかけ、
その場を2,3秒で去っていきます。

 

 

その後店内を物色。

「お、コレイイやん」

と言う最終候補を見つけました。

 

ただ、
僕は基本的に即断即決タイプですが
奥さんは僕の完全真逆で、超慎重派。

 

「他の店もいろいろ見たい」

と言う要望を受け、
その後数店舗に。

 

 

そして最終的に行ったのは、

地元で2,3店舗を運営している
自転車マニアがいるお店へ。

 

「どんなの探してるんですか?」

と、ドストレートに質問してきます。

 

この土日で回った自転車屋さんでは
この様に聞いてきた所は意外とココだけ。

 

「~な感じの・・・」

と答えると、

「他は?」

とぶっきらぼうに質問してきます。

 

その質問をされた奥さんは、

「ん~~~、、、〇〇がこんな感じで」

と、考えて回答。

 

その後もこの様な質問が続きます。

 

 

「あと、サドルもこんな感じのが
欲しいんです、乗りやすいし」

と言うと、

「それ、乗り方が間違えてるんですよ」

「こういう風な正しい乗り方をすると
実はサドルはこういった形のほうが
ラクちんなんですよ」

 

なるほど。

プロの意見はスゴイ。

 

「こういう風に乗ってみて下さい」

「ホンマや、ラクちん~♪」

 

もう、9分9厘の商談は終了です。

 

結局はこの店ですぐ買いました。

他の店で候補があったにも関わらず
比較する事なく買っちゃいました。

 

 

 

色々と気付きはありましたが、

「お客さんは知らない事さえ知らない」

って事も今回の大きな発見でした。

 

 

「サドルはふわふわ柔らかい方が良い」

と思っていましたが、
(自転車素人なのですいません)

プロの経験が長くなりすぎると

「そんなの知ってて当たり前でしょ」

と考えてしまいます。

 

結果、説明を省略してしまったり
そこに価値を見出さなくなったり、
と言う事が起こります。

 

 

コレこそ、

「自分の価値を過小評価している」

と言う状態だと思います。

 

この店員さんは、
経験からこの様な事をよく理解してると
思います。
(お客さんは知らない、と言う事)

 

 

お客さんに、

「何が分からないのか」

を聞いてみる。

 

こう言った機会を持つ事によって
自分のサービス提供を見直す事が
出来るんじゃないでしょうか。

 

 

ってな話でした。

 

 

では今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です