整形外科で納得の対応されました

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

どうでも良い話なのですが、
演歌歌手の杉良太郎さん、

僕が住んでいる和歌山のことを

「和歌山は最も人が集まらない県だ」

と仰ってました。

 

先日、何かのイベントをするのに、
和歌山から開始されたそうで。

意図的に一番人が集まらない所から
はじめた、と言うのだけは覚えてます。

 

 

 

ナンバー1の県に住む事が
出来ているのを誇りにします笑

 


 

【整形外科で納得の対応されました】

 

月曜日、病院に行きました。

整形外科です。

 

以前から左の肩が痛くて、
地元でも有名な整骨院に行ったけど
治る事はありませんでした。

 

その後近くの整骨院2か所に行ったのですが、
うち1か所は、ボディビルで日本一になった
方が経営されているスポーツジム兼整骨院。

 

 

その方に肩をみてもらったら、、、

「たぶんコレ、〇〇筋が切れているか、
骨が欠けてるかどっちかやから
MRI取ってもらって来いよ」

「ウチじゃコレはムリやわ」

「ちゃんと直してからウチの
パーソナルトレーニング受けてや笑」

と言われたので、
整形外科に行ってきた次第です。

 

 

で月曜日に行ったのですが、
MRIは予約制。

 

暫定でレントゲンを撮りました。

 

すると、、、

素人の僕でも分かる様な骨の塊が
肩の骨から外れて映っていたのです。

 

「たぶんコレは骨やけど、
キチンとMRI取ってから判断しよう」

 

さすが、プロ。

 

 

僕はとにかく肩が治ればOK。

でも、心のどこかで

「今まで整骨院3件も行ってきて
違う事ばっかり言われたし、
ホンマに症状分かるの?治るの?」

と言う気持ちがありました。

 

 

 

今回、僕は何が良かったかと言うと、

「診断結果を追求してくれる姿勢」

です。

 

治る、治らない以前に、

「あなたは〇〇が良くないんです」

とハッキリと診断してくれることを
求めていた事が自分で気付きました。

 

 

 

そうなんです。

「原因不明の不調」

ほど、怖いモノはありません。

 

治すより、
まずその原因を突き止める事です。

 

 

コレはコンサルタントであっても
接客の仕事であっても、
その他の仕事であっても同じでしょう。

 

 

適切な診察を行わずに、

「じゃあ、こうしましょう」

と治療に入られるのって怖いし、
納得いかないはずです。

 

 

内科の病院が良い例です。

「あ、お腹とノドが痛いんだね。
最近流行っているカゼはその症状なんだ」

と、聴診器をお腹と背中を当てられ、
ノドをチラ見しただけで診断されたら

「ホンマかいな…」
「何かちゃう気がする…」

ってなります。
(経験はあるはずです)

 

 

 

人が動く、動かないの違いは、

「納得できたかどうか」

と言う要素が大きいです。

 

 

相手の方を色んな角度から診断しないと
人の問題のネックは見えません。

 

本人が納得した時だけ、動けます。

 

 

もし僕が整骨院を経営しているなら、
僕がたらい回しにされたような対応を
していたかもしれない。。。

そうも思えます。

 

 

でもこの整形外科の先生、
ホントにスゴイと思いましたよ。

 

「はい、肩をこう動かして~」

とか言うのをアチコチ15回位されて、
1回1回の動作を点数評価して、
その後なんだかんだして汗、

「筋肉注射、痛み止めしてみたら
どこまで可動域が広がるか見せて下さい」

とか言いながらぶっとい注射をする等、

とにかくアレコレと診断の角度を変えて
その上で

「ある程度、目星は付いたモノの、
MRIも取った上で判断しましょう」

と言ってくれました。

 

 

お金より、
ココまで徹底的ににやってくれる方が
納得、満足です。

 

 

目の前のお客さん、
クライアントさん。

私たちがキチンと診断出来てるかどうか、
コレが全ての入り口になると思います。

 

過剰提供も良くないし、
過小提供もよくありません。

バランスですね。

 

 

と言う事を下記のページ内の動画でも
お話をしています。

まだの方はご登録どうぞ。
無料です。

ltv-design.com/lp/lp7

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です