コンフォートゾーンは変化する

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

今まで全く気にならなかった事が
急に気になりはじめる。

たまにありますよね。

 

 

先週もYahoo!を見ていたら

「運転免許も旧姓併記が可能に」
と言うニュースが出てました。
(僕は奥さんの姓になったので)

 

まあ、今までであれば全く
気にならない話でしたが、
今回は「おっ?」と見ちゃいました。

 

 

 

今までと変わらない生活、仕事を
しているのに、何か違和感を感じる。

今まで関心が無かった事に目が行く。

こう言う事、結構あります。

 

カラーバス効果とか、
カクテルパーティー効果とかも
その様なモノでしょう。

 

 

コレ、当たり前だと思うんです。

と言うのも、
我々は常に変化、成長してるから。

 

タイトルの通り、
自分のコンフォートゾーンは変化します。

 

コンフォートゾーン、
いわば自分の安全領域ですよね。
(まあ、安全なんか無いですけど…)

 

 

人は常に成長します。

その変化に気が付いている人は
常に新たな手を打ち、成長出来る環境を
整えています。

 

コンフォートゾーンは変化する。

この変化を受け入れず、気付かずに
過ごすと、、、退化が始まります。

 

 

 

久保建英くん、わかりますかね?

18歳でサッカー日本代表に選ばれた、
将来有望、ベビーフェイスの選手です。

 

まあ、メチャクチャ上手いんです。

そして今回、
レアル・マドリードという
10回以上もヨーロッパNO.1に
なっているチームに移籍しました。
(僕がこよなく愛しているチーム)

 

彼はFC東京にいましたが、
更なる環境を求めて移籍です。

 

コンフォートゾーンと言うのは
浸るとキケンな場所。

かつ、変化に気付かずに同じ場所に
い続けると、確実に衰退です。

 

 

まずは自分の変化に気がつける
環境を作っておく事。

コレが何より大切じゃないでしょうか。

 

商売をしていたら、
誰も自分に指摘してくれませんし。

 

 

健康診断も大切だし、
ビジネスの診断ができる事も
大切。

 

自分を客観視できる人たちがは
やっぱり加速度が圧倒的に違います。

 

 

僕は今年の残り半年も
特急電車に乗ってでもスピード感を
保ち、進み続けようと思います。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

※孤軍奮闘じゃなく、
環境のチカラも手に入れたい方は
コチラもご覧ください。

ltv-design.com/lp/seminar

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です