やっぱり大切なのは環境

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

僕にも一定割合の
メルマガファンの方がいてくれます。

 

「いつも読んでます」

と言ってくれる方は、、、
何かしら抜けきった方です。

 

世間一般で言う、
「変わり者扱い」されてる方々。。。

 

 

共鳴ってこういう事なんでしょうね。

 

最近は変わり者だけど気が合う、
と言う方との出会いしかありません。

イイ感じです。

 


 

【やっぱり大切なのは環境】

 

この2週間内に
中小企業の社長さん数名の方と
お会いさせて頂きました。

 

 

そんな中、今週の月曜に

「ウチみたいに従業員に関して
色々悩んでいる経営者さんって
どれ位の割合でいるんですか?」

っていう質問を頂きました。

 

 

僕は回答しました。

 

「はい、全社です笑」

 

「と言っても、
ウチほど悩んでる所ってどれ位?」

 

「はい、全社です笑」

と回答しました。

ホントにそうですからね。

 

 

僕のメルマガ読者さんには
小規模、もしくはひとり起業家さんが
多いです。

一定割合の中小企業経営者さんも
読んで頂いております。

 

 

立場は変わらず、みなさん

「自分は特別な悩みを持っている」

と考えています。

 

 

そもそも、
独立して仕事している人たちは
会社勤めができない人。

まあ、変わりモンな訳です。
組織不適合者ですからね!

 

その反面、いつもどこかで、
「自分は特別な弱さを持ってる」
と思っていたりします。

 

 

ハッキリ言いますが、
あなたが自分で思っているその弱みは
あなただけじゃありません。

 

自分は特別、と思いたいのか、

そう言う風にネガティブに捉える方が
結構おられます。

 

 

 

僕が提供している、
ひとり起業家さん向け連続講座。

 

ココでは、科学反応がいつも起こります。

 

「はじめての〇〇」

が出来る様になります。

 

 

理由はカンタン、
僕のチカラではありません。

 

参加者さん同士が自分を開示し、
自分の弱みを認めた上で大きな
チャレンジに挑んでいる姿を

「すぐ横で見る事ができる」

からです。

 

 

知らない人が大きな成果を
出していても、しょせん他人事。

 

でも、すぐ横にいる人がいきなり
大きな成果を出すと、

「マジか!?」と最初に思った事が
「自分でも出来そうだ」

と、急に自分事に変化します。

 

 

 

起業家は、1人で闘うよりも
仲間と共に闘う。

コレは僕が開業初年度ズッコケて以降、
自分の1つのルールにしています。

 

 

仲間、環境が自分の限界を
超えさせてくれて、

チャレンジを継続する事ができます。

 

 

ひとりで考えたところで、
自分の過去の経験と言う引き出し以外の
考えは出てきません。

 

集合知を活用すること、
他者からの刺激をもらう事が大切。

 

 

と言う僕も、
今は仲間と闘う環境にいます。

周りがスゴイ人たちばかりで
焦らされまくっていますが、
自分の指標が変化しました。

 

 

自分を守ったら終わりだと思います。

常に小さな一歩を歩み続ける事。

 

 

自分で出来ない事をまずは
自己認識、認める事。

 

その上で、それをどう補うか。

コレが出来る人が成長し続けてます。

 

 

今日は1日こもって仕事します。

明日からセミナーやってます。

 

ltv-design.com/lp/seminar

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です