そのステップは正しいのか?

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

昨日と今日は東京、
今日の夕方に帰ります。

 

昨日はガッツリお勉強。

今日はクライアントさんの会社に
訪問です。

 

 

そんな事より、
わがレアル・マドリードにとうとう
アザールが加入!!とうとう来ました!

来年、レアルはまた王者に
返り咲くことでしょう。

 

 

ん?アザールを知らない?
なんやて!?

そんな方はコチラをどうぞ。
https://www.realmadrid.com/ja/fans/videos/2019/06/take-a-look-at-how-hazard-plays?vauto=1

 

 

来シーズンこそ、
生ライブ見に行くぞ!!

 

良い目標が今できました♪

 

 


 

【そのステップは正しいのか?】

 

僕がクライアントさん以外の方から
よく相談と言うか、聞く話として

「次はこんな事をしようと思う」
「次はコレを学ぼうと思う」

って事が多いです。

 

 

こういう風に相談をされると、

「そうですか、頑張って下さい」

と言う以外にありません。

 

答えが決まっている訳ですからね。

 

もちろん、クライアントさんが
この様な発言をされたときは、
その背景情報(思考とかその他)を
シッカリとお聞きし、

その上で次なる策を一緒に考えて
思考・行動の両面から整理します。

 

 

が、ザザッと上記の様な相談を
他の方からされても、

やはり有料のご相談と同じように
お受けする訳にはいきませんので、
申し訳ないですが、聞くのみです。

 

 

ただ最近特に思うのは、

「その次のステップ、本当に正しいの?」

って言う事です。

 

僕がビジネスにおける
「次のステップ」において大切だと思うのは、

・次のステップの「方向性」
・次のステップの「サイズ感」

です。

 

 

まず「方向性」の話。

何の根拠もなく、
「なんだか面白そうだから」
と言う理由で進んでいる人もいます。

他にも、
「自分で決めた事じゃない」
のに、あくまで自分が決めたような
表現をされる方もいます。
(どういう事かは想像下さい)

 

 

そして「サイズ感」の話。

ちょっと経験したからと言って、
次の一歩がビックリするくらいに
大きい方がおられます。

 

「よし、コレで一発逆転だぜ!」
(だぜ、とは日常言いませんね笑)

と、やたら何か1つの事に対して
執着を持ち過ぎている状態です。

 

コレは僕はおススメしません。
バクチ要素が強すぎるし、
自分を見失います。

次なる一歩がデカすぎるのです。

 

 

逆に、
次なる一歩に大した成長要素を
含まれていない様なステップを
設定している人。

分かりやすく言うと、
守り過ぎです。

 

もっと出来るはずなのに、
その一歩を踏み出すにおいて
心のブレーキがかかってる状態です。

 

 

まとめると、
次のステップというのは、

・自分が目指している方向である事
(角度のズレ、本当にないのか?)

・チャレンジング要素は含むが、
バクチじゃない事

かなと思います。

 

ただ、2つめの
「バクチじゃない事」
については、

全く新しい事で一発勝負は良くない、
と言う意味です。

 

 

 

派手に見えるけど収益には
つながっていない。

色々やっている様に見えるけど
気苦労ばかりで身になってない。

 

こういう方もいます。

 

 

まずは自分が今、
したいと思っている事の延長上で
小さな勝負をしてみる事。

 

そして、その勝負が上手くいくなら
その延長上でもう少し大きな勝負を
挑んでみる事。

 

ベクトルの違う取組みの場合は、
まず小さなテストをする事。

 

早く成長するには、
このステップが良いのでは、
と言う僕の個人的意見です。

 

 

 

アレやコレや食べ散らかし、
またはチャレンジしていない。

 

われわれは、時間と言う有限の
要素の中で生活しています。

最短距離で目標に到達する為には
「やらない事を決める」事が前提。

 

やるなら、適切なゴール設定と共に
ムダ無く行動したいですね。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です