シグナルを見逃さない

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

「おや、6時半を過ぎても
自分が書いたメルマガが届かないぞ…」

と自分のメルマガを待っていたのですが、、、

 

「あ、書いてないんや」

と今気付き、
慌てて書いてます。

 

 

「昨日何書いたっけ?」

って全く思い浮かばなかったので
もうボケが始まったのかなぁと
勘違いしてました。

 

そりゃ、書いてないなら
何書いたか浮かびませんよねw

 

 


 

【シグナルを見逃さない】

 

最近はちょこまかと色々活動を
している訳ですが、、、

動いた分、結果が加速するのと同時に、

「ん~~~、何だろ・・・」

という違和感もきちんとセットで
付いてきます。

 

 

目新しい事を特に何もしないと
強烈な違和感に襲われるという事は
ありません。

 

ですが、
自分の色んな意味でのキャパを
超える様な活動を意図的にすると、

ポジティブな新発見とそうでは無い新発見が
セットでくっ付いてきます。

 

 

 

僕はありがたい事に、
自分のビジネスに対してのシックリ感は
かなり得られています。

 

とは言え、小さなモヤモヤは
適度に現れます。

 

 

いつもと違う行動をすれば、

・なんでこの仕事してるんだろう
・自分は誰をサポートしたいんだろう
・どういう立ち位置で仕事したいのか

と考えさせられる事が多いです。

 

で、モヤモヤ感も同時発生です。

 

 

新しい行動と言っても、
大それたことはしません。

今やっている事に小さな一歩を
足しているだけです。

 

 

僕は小さなモヤッと感、違和感を
感じる機会を定期的に持つことは
大切だと思っています。

 

その様な機会が、いわばシグナル。

自分を見つめ直すチャンスです。

 

 

何かアクションを起こすことで、

「あれ、ひょっとしてコレこそが
自分がしたかった事じゃないのか?」

「あれ、自分はこういった方を
一生懸命サポートしたかったんじゃないか」

「これってクライアントさんが
求めていた事なんじゃないのか?」

と言うポジティブ要素もあります。

 

「自分はコレは絶対にしたくない事だ」

「この様な思考を持っている方とは
絶対にお付き合いしたくない」

と言うネガティブ要素も出てきます。

 

 

 

何も行動していない時こそが
何も分からない時だと思います。

何かを行動してはじめて、
・シックリ感
・違和感
の両方を体験する事ができます。

 

そして、
自分の理想の仕事の仕方、
ライフスタイルの様なものが磨かれます。

 

 

今の自分ってどうなんだろ?

何がシックリ来ていないんだろ?

 

こういう風に思う人は、
まずは行動のキャパを広げる事が
大切だと思います。

 

そしてそのシグナルの様なモノを
感じる機会が資産になると思います。

 

 

 

何の話かよく分からなくなりましたが、

結局は自分が実現したい事というのは
自分との答え合わせでしかないと
思います。

 

 

その様な要素を磨くには、
まずは行動する事。

 

今日の行動の中に、
小さな一歩も加えてみて下さいね。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です