コピーのプロがやっている事

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

僕がまだ会った事が無いけど
ぜひ一度お会いしたいという方が
います。

 

 

セールスコピーのプロの方です。

 

 

僕がコピーの代行をお願いしたいと
思っていましたが、、、
お忙しすぎて対応不可でした。

また違うタイミングでお会い出来る事を
期待します。

 

 

 

で、直接聞いた訳じゃないですが

この方が毎日のルーティーンとして
やっている事があるそうです。

 

 

 

それは、、、

 

「写経」です。

なんと4年間!
しかも毎日!

マネできない領域ですよね。。。
(だから隠さず書いてます)

 

 

写経とは、
売れるセールスコピーを見て
それを毎日自分で書き写す事によって
細部までの気付きを得る事が出来て…

とか色々あります。

 

 

僕はコピーのプロでは無いので
詳細は割愛しますが、

例えるなら、普段は車で走ってる道を
改めて歩いて通ると、

「こんな所にこんな店あったんだ!」

って気付いた事があるのと同じです。

 

 

この様な行動を毎日している方は
細部までのこだわりがとても強いです。

そりゃ、
大きな成果を出されて当然です。

 

 

 

僕はコレと同じ様な経験をした事が
あります。

 

 

以前のブログでも書いたのですが、
大学生の時、Jリーグと練習試合を
何度かしました。

 

大阪の大学だったので、
ガンバ大阪、セレッソ大阪としました。

 

 

当時僕はディフェンスでした。

対戦するFWは、あの有名選手。

 

 

FWとDFの駆け引きが
ボールのない所で行われてます。

 

 

すると、、、

フッとその選手が動き出した時に

「あ、少し遅れた!」

と僕の対応が遅れちゃいました。

 

その遅れた時間を秒に表すと、、、

「0.1秒」

位の感覚。

 

 

その0.1秒のズレで
マークを外され、見事なゴールを
決められてしまいました。。。

 

練習試合と言えども、
このゴールによって試合が
決まってしまいました。

(試合後、林田フルボッコ)

 

 

プロの選手と言えども、
普通に対戦しているウチは
何らスゴさを感じませんでした。

でも、いざ勝負の時となると
とんでも無い瞬発力を発揮して
0.1秒の差で決定づける仕事をします。

 

テレビで見るボクシングなんかも
きっとこんな感覚なのでしょうね。
(浅はか表現ですいません・・・)

 

 

 

その道のプロは、
見た目には地味と言うか、
違いは分かりにくいモノです。

 

 

でも、実際は上記の毎日写経の様に
地味な活動をコツコツ続けています。

 

 

華やかさによって人に惹かれる事も
あるかもしれませんが、

見るべき所は、陰の行動じゃないかと
僕は思います。

 

 

 

 

「どうやったらサッカーが
上手くなりますか?」(子供)

「それはね、毎日コツコツと
練習する事だよ」(プロ選手回答)

 

と言うお決まり回答がありますが、

一発逆転策を探しても見つかる事は
無いと思います。

 

 

何より、数稽古が基本。

 

1発で確実に大目玉を当てようと
しても、無理だと思います。

 

スポーツで無いとしても、
何かに打ち込んだことがある方なら
分かるはずです。

 

 

ビジネスも、集客も、ノウハウも
一発逆転じゃなく、

日々磨き「続ける」事じゃ
ないでしょうか。

 

小手先をパクったところで
本質がズレちゃ意味を成しません。

 

 

 

まあ、一発逆転集客法みたいな
打ち出しをしている方からすると
意味不明のウザい話でしょう。

 

 

 

こんな地味な話ばかり書いてるので
僕のメルマガの読者さんには
派手な方は1人もおられません。
(林田予測)

 

愚直な実践を大切にする方々と
引き続きお互いを高め合いながら
仕事をして行きたいなと思います。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です