成果が継続する人/しない人

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

現在開催中の連続講座で
限界にチャレンジされている方が
おられます。

 

チャレンジした事が無い事を
目標に設定、しかも通常の数倍で。

 

 

さらには、
未だ到達していないにも関わらず
その目標を途中で2倍に修正された方も。

 

 

達成されるのは間違いありませんが、

僕も精一杯サポートさせて頂きたいと
思っています。

 

 

同じ志を持っている方々と共に
仕事をするのは本当に幸せです。

 

 


 

【成果が継続する人、しない人】

 

僕は中小企業の経営者さん、および
ひとり起業家の方々とお付き合いを
させてもらっていますが、

その中で日々感じる事があります。

 

成果が継続する人、しない人に
関してです。

 

 

端的に言いますと、

「成果を継続している人は地味」

「新たな知識、取組みばかりを
やりたがる人は、成果が継続してない」

って事です。

 

ホントにそうだと思いますし、
僕とお付き合い頂いている社長さんは
みなさん地味な方ばかりです。

 

 

 

成果が出ない人って、

アレやコレやとツバを付けるモノの、、、

その後ほったらかし状態です。

 

 

よくある、

「1回2回やったけどダメだった」

と言う状態です。

 

1回2回のチャレンジで、
まるで全てを悟ったかの様な言動を
されたりしますし、

そもそも自分の行動、発言に関して
責任を持っていない様にも感じます。

 

 

 

一方、成果を継続されている方。

 

先日まで通っていたとある学びの場で
大きな成果を出されている方の共通点を
色々と考えてみて、分かりました。

 

 

「そんなに成果を上げているのは
正直、想像出来ませんでした」

と言う位、活動が地味なのです。

 

でも、お話を聞けば聞くほど、
スゴイ努力をされておられますし、

何より、自分と向き合う時間を
人の数倍取られていますので
成果を出されて当然なのが分かります。

 

 

 

なぜ、
こうも行動/思考パターンが違うのか。

僕なりに考えてみました。

 

 

色々と浮かんだのですが、
長くなりそうなので纏めると、、、

 

成果を継続されている人は、

・環境のせいにしないし、
・自分に欠乏感を感じていないし、
・他人のせいにしないし、
・あれこれ手を出さないし、
・何でも屋になろうとしてないし、
・全部自分に原因があると思ってるし、
正しい答えがあると思っていません。

 

愚直な実践こそが差別化出来る
要素だと分かっているんだと思います。

 

 

 

先日まで通っていた学びの場の
先生からひと言、

「行動を継続して下さい」

と言うメッセージを頂きました。

 

飛び抜けたこの先生でさえも
行動の継続性を言われます。

 

 

何だかんだ言っても、
今まで学んで来た事を着実に
実践し「続ける」だけだと思います。

 

実践を続ける事によって
精度がグングン上がります。

 

一度、二度の成果ではまだまだ。

ずっと続けなければなりません。

 

 

と教えられていますので、
僕はジェネラリストではなく、

地味であってもスペシャリストで
ありたいなと思っています。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です