売り手は理屈で作り、買い手は感情で買う

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

今日は大阪で仕事しています。

 

 

地元和歌山で仕事をするのは
今年も事務仕事だけになりそうな
感じがします。

 

 

先日からご案内している
お試し個別面談ですが、
(メルマガで案内しています)

・チェーン店舗経営者さん
・老舗の会社さん
・クリニックさん
・財務の専門家の方
・デザイン会社さん

と、
方向性が様々な経営者さんから
お申込みを頂いております。

 

 

お会いできるのが楽しみで
仕方ありません。

 

 

 

ちなみに、
今日の夜まで受け付けてます。

あと少しで締めきりますので
まだお申込みされていない方は
すぐお申込み下さいね。

 

 


 

【売り手は理屈で作り、買い手は感情で買う】

 

一昨日、面白い記事をネットで見ました。

マクドナルドの話です。

 

 

マクドナルドで最も売れている
ハンバーガーは、何でしょうか?

 

 

答えは、テリヤキバーガーです。

 

で、このランキングを10位まで見ると
不思議な事が分かります。

 

 

4位にダブルチーズバーガーがあり、
7位にチーズバーガーが入ってます。

 

 

 

マクドナルドの従業員に、

「絶対頼みたくないメニューは何?」

とアンケートを取ると、、、

 

「ダブルチーズバーガー」

だったそうです。

 

 

その理由は、価格。

 

 

チーズバーガーは130円。

ダブルチーズバーガーは340円。

 

ダブルチーズバーガーは、
チーズとパテがダブルになるだけで
チーズバーガーの2倍以上の金額。

 

だから、マクドの従業員の方は
ダブルチーズバーガーを買うなら
チーズバーガーを2個買うよ!

ってな話です。

 

まあ、理にかなった考え方ですよね。

 

 

でもそのダブルチーズバーガー。

第4位に入っています。

 

 

タイトル通りですが、

売り手は常に理屈まみれで考え、
商品を作るモノです。

 

 

でもこのマクドの事例、

まさに「お客さんは感情で買う」の
証明だと思います。

 

 

 

サービス内容が2倍だから
価格が2倍、

そう言う訳ではありません。

 

でも売り手はその様に考えがちです。

 

 

私たちは、
お客さんに感情の変化を提供するだけで
十分な価値があります。

 

 

サービス内容、サービスの量が
価格を決める訳じゃありません。

 

 

売り手は理屈攻めで商品を
作りがちですが、

お客さんは理屈を求めてません。

 

 

ってなことをこのマクドの話で
思いましたが、

あなたのサービス、
見直しの余地はないでしょうか。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です