マンガシリーズはこういう意味

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

昨日、久しぶりにスーツを着て
電車に乗りました。

ダブルのスーツに、チーフを入れて
バッチリ仕様です。

 

 

 

電車に乗り込むと、、、

 

女性の視線をすごく感じたのです。

 

 

 

「今日はバチッと決めてるからかな」

 

と、
和歌山生まれ和歌山育ちの田舎者が
酔いしれながら思ったのも束の間、

 

 

間違えて女性専用車両に乗っただけ笑

 

 

堂々と女性専用車両に乗ってくる男、
変態として見られていたんでしょう。

 

 

引き続きポジティブに生きていきます。

 

 


 

【マンガシリーズはこういう意味】

 

僕は難しい本を読む事は苦手です。

 

でも何とか読んで勉強したい!
と思う本は、

「マンガで分かるシリーズ」

を調べ、よく買います。

 

先日の歎異抄もそうです。

 

 

 

今はスゴイですね、
マンガで分かるシリーズ。

 

「マンガで分かる」
・途切れない話し方
・5W1H
・思考は現実化する
・7つの習慣
・WEBマーケティング
・会社設立
・マインドフルネス
・仕事は楽しいかね?

と、パッとアマゾンで検索しても
コレだけのマンガシリーズがあります。

 

マンガで会社設立まで
教えてくれるとは・・・

 

 

 

 

僕は、

「難しいから、読まない」

じゃなく、

「難しいから、読める方法を探す」

って風に、
〇か×かじゃなく、グレーを探します。

 

 

「難しいから読まない」

って、そもそも日本語が成立してません。

難しい=読まない、じゃありません。

 

 

でもコレは日常でよく起こってます。

 

 

「やり方が分からないから=しない」

「完璧じゃないから=後回し」

「正解かどうか分からないから=しない」

「忙しいから=しない」

「売った事無いから=売らない」

 

おかしいですよね。

 

 

我々は知らない間に、
関係ない言葉を「=」にしています。

 

 

例えば上記の言葉、

=以降を変える事が出来たなら
どれだけの成果が出るでしょうか。

 

2倍どころか、スゴイ事になると思います。

 

 

 

現在行っている連続講座でも、

「小さな一歩の重要性」

について取り上げていますが、

自分の中の当たり前の書き換えが
ホントに大切だと思います。

 

 

マンガシリーズはまさに
小さな一歩を踏み出してくれる
強烈なツールです。

 

 

急に成果が跳ね上がる時は、
自分の思考の基準が変化した時
じゃないかと僕は思います。

ノウハウを得た時じゃありません。

 

 

 

日常、当たり前に発してる言葉、

一度、紙に書いてみると矛盾点が
見えるかもしれません。

 

言語化は大切ですね。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

僕は勉強と懇親会の一日にします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です