マカロンはなぜ高いの!?

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

先日、ホワイトデーのお返しを
買いに行きました。

 

 

前から思っていた事があります。

 

 

マカロン。

インスタ映えもするスイーツ。

 

高すぎます。

 

マカロンほど小さくて高いお菓子、
なかなか無いと思います。

 

男性の中指と親指でリングを
作った位のサイズ程度ですし。

 

 

男子には正直理解し辛いけれど、
女子ウケはいいですよね。

 

 

ちなみに今回のチョコのお返しは、
マカロンに。

しかも、1個400円程するヤツです。

僕は個人的にはマカロンにシックリ感を
得られていませんが、
女子ウケが良いとの事なので。。。

 

 

 

購入後、電車で帰る間に

「マカロン 高い 理由」

とヤフーで検索。

 

 

調べた結果ですが、
多少理解は深まりました。

 

 

まず、材料費は比較的安い。

特別な材料は含まれてません。

 

じゃあ高いのはなぜだろう…

 

 

高い理由は、

・壊れやすく、配送に手間が掛かる
・作る手間ヒマが結構掛かる

 

あとは、、、

特にありませんでした。

 

 

 

要は、
「マカロン=高い、高くても売れる」

と言う方程式が市場に出来ている。

そう言う事なんだと思います。

 

だって、
・壊れやすい
・手間ヒマが掛かる
と言う要素を満たしてる商品は
他にもありますし。

 

 

おかしいですよね、
市場には原価率が高いのに
高い値段で売ってないモノもあるし、

その逆もあります。

 

 

 

食パンでも、

「生食パン」と、
「生」を付けるだけで
違う価格帯になっています。

 

マカロン〇〇とか、
〇〇マカロンとか言う言い方でも
価格が変えられるかもしれません。

 

 

昔、チラシを作らせてもらった
とある美容室のカットでも、

「ニューヨーク〇〇〇〇〇〇カット」

とか言って、

9000円のカットがありました。


常連さんに大人気カットだそうです。

 

 

 

スモールビジネスなら(でなくても)
売上を上げる仕組みは何かしら
持っていると思います。

 

昔の社長さんみたいに

「ウチの価値を分かっとらん奴が多い」

みたいな事を言っても意味ありません。

 

 

お客さんにいかに伝えるか。

 

なかでも、

「入り口」で違いをどの様に伝えるか。

 

 

差別化のポイントを
入口(フロントエンド)ではなく
バックエンドに作ったところで
お客さんは気付いてくれません。

 

 

自分は/ウチは色々ある、色々提供出来る。

 

言っているだけじゃ仕方ありません。

 

お客さんが見てわかる入口で
違いを表現しなければなりません。

 

 

 

マカロンから話がズレましたが、

売上を上げる設計図はもちろんの事、

・入口での差別化
・バックエンド商品の構築

は基本でありつつも
常に見直しは必要だと思います。

 

と言う僕も色々考え、取組み中です。

 

 

ビジネスは止まっちゃいけませんね。

お客さんの思考が変化し続けますので。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です