新商品の作り方

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

 

今まで借りていた事務所、
3月末で解約する事にしました。

 

最近は1ヵ月のある程度の行動パターンが
決まって来ていて、

1ヵ月内で朝から夕方まで事務所で
過ごす日は平均で6日だったのです。

 

6日の為に事務所を借りるのって
どうかなぁ~と言うのが引き金ですが、
解約の理由はそれだけじゃありません。

 

 

 

僕が事務所を借りている理由、
事務所を借りる事によるメリットを
書き出してみました。

 

・集中して仕事ができる場所がある
・ホワイトボードで1人ブレストできる
・クライアントさんとオンラインで
ズームが出来る


 

 

おや!?

今考えると、そんなにメリットが無い…

 

メリットが無いというより、
事務所じゃなくても代用できる場所が
あれば解決するって事です。

 

例えばFAX。

事務所にFAXを置いてましたが、
最近はネットFAXがあるので、
それに切り替えれば事務所に行く事は
不要です。

オマケに出張先でもFAXを確認する事が
できます。

と言う事で、ネットFAXと契約しました。

 

 

あと、僕の仕事には欠かす事ができない
ホワイトボード。

コレは、自宅に仕事のスペースを設け
今までと同様に使える様にしました。

 

 

 

今までは、

「事務所で仕事をする」

と言う言葉でひと括りにしてました。

 

が、事務所で仕事をしている理由を
分解していったのです、今回は。

 

 

すると、、、

「コレはココで代用できる」
「コレをやれば事務所は不要だ」

と、結局は事務所を使わなくても
全ての仕事をスムーズにこなす事が
出来る事に気が付きました。

 

と言う、単なる事務所解約の話では
ありません。

 

 

この分解作業によって思ったのは、

「現在の商品を分解していないから
今までの商品、サービスにこだわり過ぎて
サービスが固定化されてしまっている」

と言う事がかなり多いんじゃないか?と。

(特に~業と言う仕事)

 

 

 

どんな商品/サービスにおいても、
必ずいくつかの工程があるはずです。

 

その工程の一部を削れば
ダウンセル商品になるかもしれないし、

工程を増やしてみれば
アップセル商品になるかもしれません。

 

コレも工程を分解する事によって
得られるメリットです。

 

 

そして、その分解した工程を
他の商品の工程と掛け合わせてみると…

新商品が出来上がります。

 

 

 

 

 

 

再現性と言うのは、
文字量に比例するんだと思います。

 

自らブレイクスルーを起こせる人は
言語化の作業、言語化の量が
圧倒的に違うんでしょうね。

 

 

 

 

 

最近はブログ、メルマガを毎日
発信している人が増えています。

 

「だから、毎日書く事に意味ないし
陳腐化してしまう・・・」

と考えるのも1つです。

 

 

ですが、僕は自らの思考整理、
自らの文字量を増やす事によって
再現性を持てる思考を手に入れる為に
引き続き書いていこうと思います。

 

自分の為に書き続けていて、
オプションとして外からいい事も
付いてきたら嬉しいなって感じです。

 

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です