思考突破をレンタルする

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

昨日は終日引っ越し作業でした。

引っ越しには良い日取りの様で
良かったです。

 

 

バレンタインデーのチョコは

「あんた、近いウチに家に寄れるん?」

という、母からの定番チョコ。

 

 

今年のバレンタインは以上です。

 

 

来年、10tトラックいっぱいの
チョコがもらえる様にコツコツと
頑張ります。

 

 


 

【思考突破をレンタルする】

 

外部に学びの機会を持つと、

「自分のレベルの低さ」

を露わにさせられます。

 

先日に引き続き、
P・ドラッカーからの学びについて。

 

 

————————————————————–

「高度な仕事をしていく為には
分業化が必須である」

————————————————————–

 

なるほど、
ホントにそうなんだなと
思い知らされます。

 

 

 

 

「出来るつもり」と

「出来ている」の違い。

 

コレを俯瞰して見れる人は
きっと大きな成功を収めています。

 

 

 

自分でやれば、ある程度は出来る。

だから自分でやる。

 

この状態と言うのが、
自分が全く気付いてないウチに
大きなチャンスを損失するんだと
思いますし、

一定ラインで必ず限界が来ると
思います。

 

 

 

 

タイトルに書いた様に、
「思考突破をレンタルする」

と言う考え。

 

 

僕は「やり方」を外部から学ぶよりも
「思考」を外部から学ぶ方が大切だと
思っています。

 

 

 

 

 

大抵の場合、
望む成果が出ていない時と言うのは
「思考」に問題があります。

 

でも、当本人は気付いていない。

 

コレを突破してくれるのが
自分以外の他人だと思います。

 

 

 

「思考突破」のレンタル。

 

僕は自分の事を客観視してくれる
自分以外の人に意見を求め、

自分の行動、思考の限界を超える事が
出来る環境を維持しています。

 

 

環境維持している理由は、

一時的な思考突破を得られても
すぐに元通りの自分になるからです。

 

 

 

人間は1人では弱い。
(特に僕は)

 

それを分かっているだけじゃなく
それに対する対策を取っておく。

 

 

 

結局のところ、
自分と向き合い続けている人こそが
大きな成果を

「出し続けている」

んだと思います。

 

 

僕は自分を支えてくれる環境のお陰で
毎日楽しく仕事が出来ています。

 

 

そして、これからもクライアントさんに
勇気を提供出来る自分であり続けたいと
思ってます。

 

 

ひょっとしたら、
背中を押す事が最も重要な
仕事じゃないかと思う今日この頃です。

 

 

 

と言う事で、
今日1日も頑張りましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です