それは本当に相手のせい?

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

今日は事務所です。

 

今週は13名の方と
コンサルティングの面談を
させて頂きました。

 

毎回、学ばせてもらっていますし、
やはり数稽古なくして精度は
上がってこないなぁと感じます。

 

 

 

周りの方々に感謝をする。

 

自分のステージがどの様に
変化していったとしても、

周りの方の支援を忘れては
いけないなと感じます。

 

 


 

【それは本当に相手のせい?】

 

仕事が上手く進まない時の要因で、

やはり人間関係と言うモノが大きな
原因の1つかと思います。

 

統計上で言うと、
問題の30%程が人間関係が
要因だそうで。

 

 

 

コレは僕も含めた話ですが、

人はどうしても「自分の外側」に
問題の要因がある、と考えたいモノです。

 

結果、

「あの人は~だから」

と言う風に、

言葉には出さなくても他者の批判を
してしまった経験があるかもしれません。

 

僕もたくさん経験があります。

 

 

まあ、こう考えている時は
人間関係ゴタゴタが未解決のままです。

 

 

 

僕は幸いにも、
サラリーマンの時にどの様に
考えたら人間関係が上手くいくかを
教えてもらいました。

 

 

 

とってもシンプルな話ですが、

「全ての問題は自分次第で解決できる」

です。

 

 

 

他者批判、または
自分が否定されているという被害者意識。

他にも、

「アイツはこういうヤツだから」
と言う固定概念など。

 

こう考えていると、ラクです。

それ以上考える必要が無いですし、
自分の内面と向き合う必要も
ありませんので。

 

 

でも、
問題解決には至る事はありません。

 

 

 

何か問題が起こった時に、

「自分次第で何とでも出来るんだ」

と考えているなら、

必ず寄り添う事が出来る余地と言うのが
必ず見えてきます。

さらには、
主体的な思考と行動ができます。

 

 

 

僕は人間的にもまだまだなので
失敗はたくさんします。

人と人との関係においても、です。

 

 

 

仕事、プライベートにおいて
コミュニケーションというのは
常に付きまといます。

 

何か問題が出た時に、

「~のせいだ」と他者否定するのと

「自分で何とか出来る」と
自己責任で何とか出来ると考えるのと。

 

この違いが次の行動を分けます。

 

 

より良い関係を築きたい相手となら
なお更ですね。

 

 

 

 

売上に直結しない話の様な
話題かもしれませんが、

「身の周りで起こっている事は常に
自分次第で何とでも出来るんだ」

と、マネジメントのスキルを学んだ時に
教えてもらった事をシェアさせて頂きました。

 

 

どうせなら、
コントロール感を得られる方が
いいですよね。

 

 

 

他者に影響を及ぼす立場で
仕事をしているなら、

まずは自らの行動による
リーダーシップ、いわば模範。

 

そして、他者依存じゃなく
自己コントロールですね。

 

 

 

 

渋沢栄一さんの

「論語と算盤」(上)

を頑張って読んでいて、
ふと思いついたのでメルマガネタに
しました。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です