なので、何ですか!?

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

各地の雪がスゴイですね。

 

僕は南国和歌山ではありますが
スタッドレスタイヤを事前に履いており、

少々何が起きても問題無いように
準備をしてました。

 

と言うのはウソで、
ただスノボに行きたいだけです笑

 

 

久しぶりに和歌山にも
雪が積もってました。

 

 


 

【なので、なんですか!?】

 

日曜日、
とあるコンサルティングの
サービスを受けてきました。

とある特殊な分野の専門家の
方で今回は初対面ですが、
色々と気付きを頂きました。

 

ひと通りのサービスが終わり
最後にアンケート記載の協力を…

との事なので書きました。

 

 

「アンケート拝見していいですか」

と言われ、
書いたものを見ながら僕に質問。

 

「今回、コチラにお越し頂いたのは
●●さんからのご紹介だから、
と書かれていますが、
紹介と言うだけでは恐らくココに
来られないと思うんです」

「この紹介と言う理由以外に
コチラにお越し頂いた理由は
なんですか?」

 

 

うん、確かに。。。

 

質問をされる事によって
脳に空白ができ、自ら考え、
答えます。

 

そして、
それ相応に理由が頭に浮かび、
回答しました。

 

 

自分で話をしたのを振り返ると、
この後で言った方の回答が本来の
サービスを受けた理由でした。

 

と言う事が我々売り手でも
よくやってしまう事なのかも
しれません。

 

 

アンケートを取った時に

「友達の紹介だから」

とか言う理由も聞きますが、

「紹介されたら何でも買うんかい」

じゃないですよね。

 

「少し前から~に興味があって、
 そんなさ中、●●さんから紹介
 してもらったので」

「〇〇に関して見聞きしたけど
ずっとシックリ来ていなかった。
と言う事を●●さんに話していたら
『いいトコあるよ』と教えてもらい
来ました」

と言う所でしょう。

 

 

 

私たちが意外と確認出来て
いないのは、

「なので、なんですか?」

と言う事だと思います。

 

 

 

と、
ちょっとした顧客体験でも
気付ける事、学べる事は
たくさんあります。

 

日々意識してる悩みに関しては
特に敏感に捉えるモノです。

 

 

僕は自らサービスを受けて
顧客体験する事は本当に大切だと
思います。

売る事のみやっていても
なかなか気付けません。

 

 

と言う事で
今日はこんな感じで。

 

 

それでは今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です