成果を出す人のもう1つの共通点

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

深夜3時に目が覚め、
今日のメルマガを書いていない事に
気が付き、

急いで書いております。

 

 

あと、
コチラの日程も追加しました。

 

”理想のクライアントさん”と
”長期的にお付き合いが出来る”

「応援されるコンサルタント」

になりたい方はコチラ。

ltv-design.com/lp/om

 

2019年、
年初からロケットスタートで
挑みませんか?

 

 


 

 

【成果を出す人のもう1つの共通点】

 

「大量行動」以外で、

「成果を出している人に共通する事」

が最近、見えてきました。

 

 

今も僕は学びの場に足を
運んでいますが、
とんでも無い成果をボンボンと
出し続けている方が何人もおられます。

 

 

その彼らを見て思う事です。

 

 

「ひたすら、自分と向き合い続ける」

です。

コレが、成果を出している人たちに
共通しています。

 

 

我々は、
動いている時が最も精神的には
安定しています。

逆に、止まっている時は
結構しんどいモノです。

 

 

大きな成果を出し続けている人は、
あえて立ち止まる時間を大量に取り、
自分の変革を起こしています。

 

 

もちろん、大量行動はしています。

でも、

「何をしたらいいか分からない」
「次の行動をしなくては」
「とりあえずコレをやろう」

と言う、計画性無くしての行動は
少ない様にも見えます。

 

 

もちろん、
ビジネスのステージによっても
これは違うと思います。

 

ビジネスが軌道に乗らない時や
圧倒的に行動量が不足してる時は
ドンドン行動した方が成果が出ると
思います。

 

 

ただ、自分のビジネスの全体像を
どこかで見直すタイミングが必ず
やって来ます。

 

その時に、自分と向き合う時間と言う
しんどい時間をいかに取るか。

成果を出す人は、ココが優れているなと
見ていて感じます。

 

 

なので彼らは、
最新のノウハウなんかには
引き寄せられる事はありません。

本質ベースです。

 

 

 

僕もコンサルティングの
クライアントさんにおいては、

早い段階でご自身のビジネスを
俯瞰して見直してもらう機会を
取ってもらっています。

 

自分に向き合う事によって
見逃していた価値観や方向性を
見直す事も出来るからです。

 

 

 

もし勢いで行動をしていて、
自分自身と見直しの機会を
持った方がいいな、と思うなら、

たまにはあえて立ち止まってみるのも
イイと思います。

 

 

もちろん、大量行動も必要です。

 

 

文面では矛盾している様にも
感じるかもしれませんが、、、

お察しください。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です