値上げの不思議な出来事・・・

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

今日は久しぶりに、終日事務所です。

 

最近はやる事と出かける事が
色々と多くなっていたので、
落ち着いて色々と整理するつもりです。

 

 

あと、久々の筋トレも。

 

 


 

【値上げの不思議な出来事・・・】

 

売り手であれば大抵の方が望む
値上げの話です。

 

 

値上げ。

したいけど出来ない、
でもしたい。

やっぱり、したい!

でも、どないしたらええねん!

 

こんな感じかもしれませんね。

 

 

 

僕のとあるクライアントさん、
美容室を経営されています。

 

この美容室経営者さんとの
お付き合いはもう3年目。

イイ感じにマインドも
ぶっ壊れておられます!(^^)/

 

 

この方、
思い切ってとあるメニューの
値上げを敢行する事に。

勇気を振り絞った対応、
素晴らしいですね。
(この方はもう何度も実施済)

 

 

 

今回、
お客さんに値上げの事を伝えると、
意外とスッと受け入れてくれたそうです。

 

ただ、この美容室経営者さん、
営業時間外予約は受けないのですが、
2名のお客様だけは諸事情により
時間外の対応をされていたそうです。

 

そして、そのイレギュラー対応を
している2人のお客さんにも同様に
値上げの事を伝えました。

 

 

 

すると、その2名のお客様だけ

「高いよ!」

と言って来られたそうです。

 

 

お店のルール(営業時間)通りに
利用されているお客さんからは
「いいよー」と言われ、

営業時間外対応をしている2人の
お客さんからは、
「高いよ!」と言われた。

 

 

なぜでしょうかね。

 

少し考えたら分かるかも
しれません。

 

 

売り手側からすると、
「イレギュラー対応してあげてる」。

 

買い手からすると、
「利用してやっている」
と言う感覚も少しは持ってたかも
しれません。

 

いずれにしても、
売り手の譲歩対応と言うのが
お客さんをワガママな状態に
してしまっていたのです。

 

 

 

この美容室経営者さんも
今回の事で色々な新しい発見が
あったそうです。
(上記の話は一部ですので)

 

 

 

私たちは、

「ガマンしてあげている」

と思っている事は、
相手には伝わっていません。

 

上記は価格の話の事例ですが、
この価格もやはり相手の方に適度に
話し合いの機会を持つ事も大切です。

 

 

自分1人ガマンしているという
ヒロイン状態なら、
疲弊し、やがて関係が途切れます。

お互いに良くないですよね。

 

 

自分は被害者だ、
と思っていても何も生まれません。

 

 

 

今、何かしらガマンしている事は
ありませんか。

 

そしてそのガマン、
そのままガマンし続ける方が
いいでしょうかね。

 

 

色々と現状の見直しも
必要かもしれませんね。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です