「自分書き換え」タイミング

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

地元和歌山に帰ってきました。

仕事するのは東京は楽しいですが、
住むのはやはり地元がいいなと感じてます。

 

と言いつつも、
今日はしなくちゃいけない事が多く、
朝から計画を立て、取り組んでいます。

 

計画に圧を掛けると、
自ずと自分の行動スピードが増しますね。

 

 


 

【「自分書き換え」タイミング】

 

何かしらの小さな目標を
一度はクリアした事がある人なら
分かる話だと思います。
(ほとんどの人はありますよね)

 

 

僕は今年の年初から現在までに
自分自身の成長を感じるところが
あります。

誰でもきっとあるでしょう。

 

 

僕の場合、誤解を恐れずに言うと、
(とあるタスクにおいて)

今までならフツーには出来なかった事が
特にムリせず普通にこなせる様に
なれたのです。

これは自分の成長でしか無いと思います。

 

 

その結果、何が起こるかと言うと、、、

「今までと変わらない目標レベルだと
 さほど意欲が高くならない」

と言う状態になります。

 

 

ひとりで仕事をしていると、
この状態にいかに早く気が付くか、
これはとても大切だと思います。

 

 

 

仕事に意欲が沸かない時は、

・出来るレベルの事だけをやっている
・出来ないだろうな…と思い、やっている

のどちらかじゃないかなと思います。

言い換えると、
目標が適切ではない状態です。

 

他の表現で言いますと、

「今は生活はやっていけるけど
 いまいちブレイクしない」

この様な状態と言えるかもしれません。

 

 

 

成果が思う様に出ない時は、
成果にフォーカスしている時。

この様に教えてもらった事があります。

 

成果が思う様に出ない時は、
大抵は自分の内面に答えが隠れてると
思います。

 

自分の成長に気が付いていない、
過去とさほど変わらない行動を
継続している。

こんな感じかもしれません。

 

 

こう言う時こそ、
自分自身を書き換えるタイミングだと
僕は思います。

 

 

大きな成果を出されている方は
常にチャレンジしています。

現状に甘んじず、
次のステージに向かっています。

 

 

「ブレイクしない」なら、
自分自身の指標が変化してないかも
しれません。

本気で追いかける指標、です。

 

 

と書きながら、
僕自身も自分の書き換えをしよう、と
自分自身に跳ね返ってきています。

 

やらなくちゃ、ですね。

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

自分に火を付けたい方は
コチラもご覧くださいね。

ltv-design.com/lp/om

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です