リロンチしてますか?

 

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースで行動/思考/成果の限界を
突破する専門家

———————————————————————–

株式会社轍コンサルティングの
林田です。

 

 

日曜日は結婚式二次会で
横浜に日帰りでした。

 

こう言ったお祝いの席に
ご招待頂けるのはホントに嬉しいですね。

 

 

 

僕の大学の時の友達で、
若くしてお父さんを亡くされた方が
います。

 

そのお父さんのお葬式で
僕の地元和歌山が大渋滞に
なったそうです。

 

 

お父さんの偉大さを、
葬式の日に初めて知ったそうです。

 

 

 

生きている間に何を残せるか。

とその話を聞いた時に考えました。

 

 


 

 

【リロンチしてますか?】

 

最近、

「プロダクトローンチ」

と言う言葉を聞く事も少なくは
ありません。

 

プロダクト=商品
ローンチ=世に送り出す

と言う意味です。

 

要は、販売開始ですね。

 

 

 

僕は最後はメーカーに
勤めていたのですが、

ローンチ、リロンチと言う事が
頻繁にありました。

 

 

 

リロンチと言うのは、
言い換えると、リニューアルです。

(re-launch(再びロンチする))

 

 

 

メーカーリニューアルの理由は、

・消費者ニーズが変化してきた
・新しい要素がプラスされた

と言うのが代表的な理由かと
思います。

 

 

 

 

ソコソコ売れている状態って、
なかなか触りにくいモノです。

 

 

でも、僕が勤めてたメーカーは

「売れ筋商品」

を何度もリロンチしました。

 

 

当時は営業マンだった僕は、

「売れている商品をあえて
 リロンチする理由は何なの?」

とよく会社に陰で文句言ってました。

 

リスクは高いし、さらには、
自分の数字に跳ね返って来ますからね。

 

 

でもそのリロンチの結果はと言うと、
僕が覚えている限り、全部成功でした。

売上爆発です。

 

 

元々、
変化を嫌ってた我々従業員は、
それを何度も見てきたので

「リロンチ=チャンス」

と刷り込まれていきました。

 

知らず知らずのうちに、
変化が絶好の機会と言う風に
教育されていったのです。

 

 

 

 

僕はメルマガで何度か、

「betterはbestの最大の敵だ」

と言う事を書いたと思います。

 

 

「まあまあイイ感じ」だから、
逆に触るのが怖い。

こんな感じです。

 

 

 

 

メチャクチャ売れているモノを
あえて触る理由はないかもしれません。

 

でも、今の状態のままであれば
特に大きな変化を求めていく事は
なかなか難しいと思います。

 

 

 

 

 

成果を変化を求めるなら、
まず私たちの思考のどこかを
リロンチしなくちゃいけないかも
しれませんね。

 

 

 

勇気を持って前進した人だけが
新しい道を切り拓けるんだなぁと
思います。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です