失礼なコンサルタント

 

 

———————————————————–
「思い込み」という心のブレーキを排除し、
「売上/思考/行動の限界を突破」する専門家
———————————————————–

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

事務所に帰ってきました。

 

 

不思議なモノで、

地元で経験をする事と
全く同じ事を違う場所で
経験すると、

全く違う経験に感じますね。

 

 

どなたが言ってたのか忘れましたが、

「成功は移動距離に比例する」

みたいな言葉を聞いた事があります。

 

 

移動を伴えば、

「せっかく移動したから学ばないと」

と言う欲求が強くなるんですかね。

 

 

 


 

 

【失礼なコンサルタント】

 

 

とある経営者さんと
コンサルティングの面談を
していました。

 

 

 

ちなみに、
失礼なコンサルタントとは、
僕の事です。

 

 

 

「聞きたくない事」
「指摘されたくない事」

と言うのは、
誰にでもあるかと思います。

 

 

 

僕はこの経営者さんに許可を
頂いた上でですが、

普段お話した事が無い様なことを
お伝えさせて頂きました。

 

 

 

 

物事って、
短期的目線もあれば
長期的目線もあります。

 

 

長期的に物事を見た時に、

「今解決すべき問題は
 そこではない」

と言う事もあると思います。

 

 

 

僕は経営者さんに対し、
恐らくではありますが

「触れられたくない問題」

についてのご指摘をさせて頂きました。

 

 

 

僕からすると、
勇気を持った発言です。

 

経営者さんに対してこの様な発言は
失礼とも取れるし、
取引にも影響する可能性もあります。

 

 

 

 

言いたくない事を言う、
言いたくないから言わない。

 

どちらが正解と言う事は無いかと
思います。

 

 

 

ただ、僕は言いたくない事も
お伝えする様に意識しています。

 

嫌われる事もありますけど。。。

 

 

 

 

目の前にいる経営者さんに
どの様なお手伝いができて、

どの様なゴールを一緒に
構築していきたいか。

 

僕はいつもこの様に考えている
つもりで仕事をしています。

 

もちろん、
経営者さんのご意向を確認した上で
その方向に沿った状態で、です。

 

 

 

 

【言いたくない事が言える/言えない】

 

言いたくない事が言える、
言いたくないから言えない。

 

この違いと言うのは、僕は

「信頼」

の違いでは無いかと思っています。

 

 

ココで言う信頼とは、

「お互いの信頼」

と言う意味で使っています。

 

 

 

僕の様なコンサルタントと言うのは、
いわばサポーターです。

主役ではありません。

 

でも、主役の方にもっと輝いて
活躍して頂く為には、

言いたくない事を言う時が
あってもおかしくは無いかと。

 

 

 

経営者さんの場合は、
従業員さんがこの様なところに
該当するかもしれません。

 

 

 

相手の方をどれだけ強く思えるか。

 

これって、
言葉じゃない所で伝わる事だと
僕は思います。

 

 

 

 

言いたい、
だけど、言えていない。

 

その様な相手、
あなたには今いるでしょうか。

 

 

 

相手の事を軽く考えると
言わずに終わるかもしれません。

 

相手の事を真剣に考えるなら
言った方が良いかもしれません。

タイミングもあると思いますし
一概には言えませんが。

 

 

 

と言う、僕自身の気付きを
シェアさせて頂きました。

 

 

 

何か共感できる所があれば
嬉しいです。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごしくださいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です