ヒアリング十分ですか?

 

————————————————————-
「思い込み」という心のブレーキを排除し、
「売上/思考/行動の限界を突破」する専門家
————————————————————-

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

 

また良い本に出会えました。

 

 

3Cを8つのカテゴリに分け、
どこにビジネスチャンスがあるか。

コレをどの様に考えれば良いかを
書かれていました。

 

 

まずは自分のビジネスでやってみて
クライアントさんにもお伝えしたく
思っています。

 

 

俯瞰(ふかん)して物事を見る
習慣を作るためにも、

本はやはり大切なメンターですね。

 

 


 

 

【ヒアリング十分ですか?】

 

とあるクライアントさんが
以前に取られたアンケート内容を
見ていました。

 

特に活用出来そうな内容は、
フリーで書かれたその他欄の内容です。

 

 

そして僕自身も今、
クライアントさんにヒアリングを
かなりやっています。

 

 

ホントにビックリします。

自分がその様に見えていたとは…

 

 

 

我々は

「~だろう」
「今までは~だったから」

と、経験値からの決めつけを
行いがちです。

 

 

でも、商品が売れるかどうかは
基本的にはマーケット・インです。

 

マーケット=お客さん、ですね。

 

 

 

もちろん、
アンケート、ヒアリングの方法は
あります。

 

しかし、何より大切なのは

「自分で価値を決めつけない事」

だと思います。

 

 

 

 

あの競合との違いはこんな所に
あったんだ!

自分の隠れた価値って
こう言う所にあったんだ!

 

あー、自分では普通の事だと
思っていたのに、
コレも価値なんだ!

 

 

と、ヒアリングをすればするほど
発見まみれです。

 

 

 

 

お客さん、クライアントさんの
ニーズって、

どこまで把握できているかどうかは
大きなポイントになると思います。

 

でも、当たり前ですよね。

 

 

 

ただ、この当たり前の作業を
どこまでやるかが違いを生むんだと
思います。

 

 

 

 

「当たり前の事を誰も出来ない
 レベルまで徹底的にやる」

コレが成果を分ける違いだと
思います。

 

 

 

対象の方に聞いてますか。

対象の方へのヒアリング、
リサーチは十分でしょうか?

 

 

答えを持ってるのは、
我々売り手ではありません。

 

答えは常にお客さんが
持っています。

 

 

 

僕自身も自分自身の
コンセプト、ポジショニングが
再度研ぎ澄まされそうです。

 

 

あなたもやってみませんか。

 

 

 

自分で自分、自社の価値を
決めるほど意味がない事は
ありません。

 

 

自己肯定感を上げる為にも
さらに売上を上げる為にも
ヒアリングもぜひ強化下さいね。

 

 

 

という事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です