目的は「状態」目標は「行動」

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

 

「ティール組織」を読んでます。

550ページくらいあります涙

 

 

自分のマネジメントのスキルで
固定概念を再度リセットして、

クライアントさんにより良い成果を
出せる様になる為に、読破して
アウトプットしていきます。

 

 

横から見たら分厚いので、
表面の表紙だけ見る様にしていますw

 

 

今月末に
ティール組織に関するセミナーに
出席する予定なので、

読まなければならないという環境を
作れば、何とかするんだと。。

 

 


 

 

【目的は「状態」目標は「行動」】

 

 

誰の言葉か忘れましたが、
(多分有名なひと)

スマホのメルマガネタのメモ帳に
上記の言葉が書かれていました。

 

 

目的は状態、
目標は行動。

分かりやすいですよね。

 

 

目標と言うのは、
必ず目的がセットで付いてきます。

 

そして、その目標をクリアするには
行動が必要です。

 

その行動を繰り返す事によって
目標がクリアされ、

「目的」と言う状態を手に入れる事が
できます。

 

 

 

大抵の場合、目的は抽象的になります。

 

目標は、
いわばタスク化に近い状態なので
具体的になります。

 

 

よく、目的と目標を分けて考えようと
言われますが、

いざ自分の事となると、
それが明確に言語化されていない事も
あります。

 

 

 

少し具体的なお話をしますと、

「選択肢の間違い」です。

 

 

「この目的Aを達成する為に
 この目標Bをクリアする」

と考える事はよくあります。

 

 

でも、
コレを俯瞰(ふかん)してみると

目標Bをクリアしなくても、
目的Aに到達する方法、近道が
あったりするものです。

 

 

この、目的と目標の関係を
常に整理出来ている人は、

ドンドン近道を歩んでいきます。

 

 

 

 

コンサルティングじゃなくても、

他者さんと関わる仕事をしてる人なら
上記の様な事を外部から見たときに
気付いた事があると思います。

 

 

 

「私は~しなければならない」
「私は~であるべきだ」

と言う思い込み。

 

コレは、目的と目標が整理出来ずの
時に使いがちな言葉です。

 

 

 

 

自問自答での解決方法としては、

「今やっている事の目的は何だった?」
「コレ、今考えている方法以外にも
この目的を達成する方法、何がある?」

かなと。

 

他にもよくあるのが、

「なぜ?」を5回繰り返すというモノです。

なぜ?で出た答えに対して、
なぜ?をあと4回するってヤツです。

 

 

 

自分ひとりで考えていると、
自問自答の機会が少なくなります。

 

ムダに遠回りしている事もあります。

 

 

 

 

目的は状態、
目標は行動。

 

では、今目標にしている事、
目的を達する為の最短の取組みに
なっているかどうか、

考えてみると新しいアイデアも
出るかもしれませんね。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です