信頼が崩れやすい人

 

 

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

糖質制限&トレーニングによる
ダイエット継続中です。

 

2カ月前のピーク時から
(人生ベスト2の体重w)
6kg落ちました。

 

 

まだ見た目の変化は少ないですが
間違えた筋トレの仕方をしてる事を
教えてもらったので、

これから加速予定?です。

 

 

 

濃い口の顔が少しでも

爽やかに、、、

 

 

はムリですねw

 

 


 

 

【信頼が崩れやすい人】

 

 

長期的なビジネスにおいては、

スキル等よりも信頼のほうが
僕は大切だと思っています。

 

短期的なモノを求めるなら
意味合いが違いますが。

 

 

どれだけ素晴らしいスキルがあっても
信じる事が出来ないなら、
お付合いしたく無いですからね。

 

 

 

大体、
信頼が途切れる時と言うのは

「一瞬」

じゃないかと思います。

 

 

そして、その一瞬とは

「仕事とは直結しない内容」

だと思います。

 

 

信頼が崩れてしまう大抵の場合は、
ジョハリの窓の
「盲点の窓」が原因じゃないかと。

 

※ジョハリの窓については、
 去年のブログのコチラから
http://ltv-design.com/?p=7694

 

 

 

ココからは僕の勝手な理論ですが、

信頼を崩してしまいやすいタイプって
あるんじゃないかと思っています。

 

 

僕なりの意見をまとめると、

・普段はキチンとしている
(そう振る舞っている)

・権威性がある
(自己欠乏感から来る権威性の振る舞い)

・ひとり勝ちしようとしている
(みんなで、と言いつつも、です)

・口が立つ

などなど、かなと。

 

 

 

この様な振る舞いをしていると、

周りの方が逆にその方の弱点を
強く探す様になる事もあります。

 

そして、
ポロッと1回ボロが出たら警告、
2回出たら、アウトになります。

 

2回でアウト。
銀行の様に厳しい目線で見られます。

 

 

 

僕が尊敬している今井孝さんは、
普段はメチャクチャ普通です。

 

その普通の振る舞いを日頃から
見ているから、何気に放つすごい言葉が

「この方は本当にスゴイ」

と思っちゃいます。

 

話せば話すほど、
とんでも無い方だなといつも
感じています。

 

 

 

 

日常の発信、
なかなか出来ない方もいると思います。

 

 

普通に発信したらいいんじゃ
ないでしょうか。

 

 

メッチャスゴイ事を書かなくても
イイでしょうし、

日常の気付きを今日する感じでも
十分に価値があると思います。

 

 

 

らしからぬ事を書こうと考えると
いつまでも書けません。

 

 

僕みたいにゆる~いメルマガでも
ずっと読んでくれている方も
いてくれます。

 

 

自分の頭の中の
「~~であるべき論」を
外す事は大切ですね。

 

 

 

 

纏めますと、、、

「自分が思っている『信頼』と、
 他人が思っている『信頼』は、
 全く違うモノである」

と言う事じゃないでしょうか。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です