デュエルと基本

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

ワールドカップ談義は、、、

もういいですかね汗

 

いや、チョットだけ。。。

 

 

僕はディフェンスも長くやってたので、
コロンビアFWのファルカオが
中盤からボールを受けた時、

吉田麻也がファルカオに前を向かせず
ガッチガチに行ってた所がいいなと
思いました。

 

 

僕は下手っぴですが、

ファルカオの様に前を向くと強い選手に
前を向かせないというプレーをする事で
勝ち戦ができるというモノですね。

 

 

やっぱ、サッカーは楽しいです。

 

 


 

 

【デュエルと基本】

 

 

「~の基本」

と言う本を改めて買い、読んでます。

 

 

とっても読みやすいだけじゃなく、

「あー、コレ忘れてるわ!」
「コレ、抜けてるわ!」

と言う事がたくさん出てきます。

 

 

 

知らず知らずのうちに、

自分の行動って自分の思考寄りに
ズレていってたりするものです。

 

 

 

とくに、

「何か最近シックリ来ないなぁ」

と思う様なタスクに関しては、
適度に基本に戻る事が大切だなと
感じています。

 

 

 

過去に学んだ事であり、
当時は基本に忠実な行動、振る舞いを
していたとしても、

「じわ~っと」ズレていくので
自分では気が付かなかったりします。

 

 

 

こんな時に考えてしまうのは、
一発アッパーカット狙いの学びを得て
新たなスキルを手に入れようとする事も
起こり得ます。

 

 

僕はボクシングの事は分かりませんが
ジャブがあってこそ、他のスキルが
生きるのではないでしょうか。

 

野球なんかで言うと、
良いストレートがあるからこそ
変化球が生きる、みたいな感じですかね。

 

 

 

 

どうしても我々は

「美味しそう」

に見えるモノに興味を持っちゃいます。

 

ストレートとカーブしか
投げられないから、
ナックルボールを習いに行ったりとか。

 

 

でも、それは基本あってこそ。

 

 

 

基本を一度学んだつもりであっても、

その時に理解出来ていなかった事って
よくあるものです。

 

 

 

 

現在開催している連続講座では、

「必殺技」

のお話は全くしていません。

 

 

 

・自分が動ける様になる
・他者が動いてくれる様になる

やっている事はこの2つのみです。

 

もっと言いますと、

「あり方」のみの講座と言っても
過言ではありません。

 

 

でも、6カ月で、

・3000万
・2週間で800万
・400万
・300万強
・セミナー集客120名

等の成果を出してくれています。

 

 

 

 

 

自分に今必要なモノを見極める為にも
基本に戻る事は大切だと思います。

 

同時に、内省的になって
自己分析する事も良い機会になると
思います。

 

 

 

 

最近のサッカー番組でも

「デュエル」と言うキーワードが
よく使われる様になっています。

 

 

デュエルとは、簡単に言うと

「1対1」です。

 

目の前の相手にいかに勝つか、
コレがデュエルですね。

 

 

飛び道具を使いこなす以前に、
目の前の1対1を制する事が
基本だ、とサッカーからも学べます。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です