200%信じてる?

 

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

今、僕の周りの方はドンドンと
チャレンジされておられます。

 

 

ひとりビジネスの方で言いますと、

・初のグループコンサルティングを
 10名規模で開催

・初のセミナー開催

・新商品モニターキャンペーン

・1カ月で300万売上アップ

などなど。

 

 

会社、店舗で言いますと、

・社長の8割の業務を社員さんに振り分け

・社内の新たなルール浸透

・新たなポジショニング作成

・値上げ

など、です。

 

 

今までの自分の可能性を大きく超え、
新たなステージに行かれる皆さんを
一生懸命お手伝いしたく思ってます。

 

 

プラスの空気、最高ですね。

 

僕もやりますよ!

 

 


 

 

【200%信じてる?】

 

もう3年近くの前の話です。

 

 

とある講座で学んでいた時に、

僕が全く興味のない分野の仕事を
されている講座参加者さんがいました。
(僕も参加者の一人でした)

 

マニアックな趣味の業界です。

 

 

その業界に完全に興味のない僕は、
それ以上その仕事を知りたいとは
思っていませんでした。

 

 

 

「そんなの、仕事になるの?」

率直に僕はそう思っていました。

 

もっと言うと、、、

「そりゃ、無理でしょ。。。」

と思っていたのです。

 

 

 

そして先日。

その方の話を風のうわさで聞きました。

 

 

 

何と、、、

スゴイ成功されていたんです。

 

 

 

その方を言葉で表すと、、、

・チャラい
・ノリが軽すぎる
・言葉に信憑性をほぼ感じない
・気分屋さん

こんな感じでした。

 

書いている通り、
僕はその方に対しポジティブなイメージは
ほぼ無かったのです。

 

強いてその方の強みを言えば、
男前だったという所です。

 

 

 

でも、今思い出すとその彼の強みは、

探求心がハンパじゃないというのが
強みの1つだったかと思います。

 

マニアックにマニアックを重ね、
ドンドン突き進んでいかれていたのです。

 

 

 

そして、今は業界を代表するひとり、

とまではいかなくても、
大きな成果を手に入れられています。

 

 

 

 

僕はこの一件から、
大きな事を学びました。

 

 

まずは、

「僕がその人の価値を決めていた」

と言う事。

 

その業界に全く興味のない人間が
評価をしても意味はありません。

 

 

それともう1つの学びは、

「僕が色メガネで見ていた事」

です。

 

 

 

人の強みは人それぞれ必ずあります。

 

経営者と従業員、
教える側と教えられる側の立場であれば、

教える側の思い込みによってその人の価値を
過少に決めつけてしまっている事があります。

 

 

いわば、

教えられる側の立場の人が素晴らしい
意見、アイデアを出していたとしても、

「君は違うよ」と言うフィルタを通して
自分が話を聞いてしまっていると、

その貴重なアイデアが全部潰されます。

 

 

 

 

チョット失礼な話を言いますと、、、

たいして男前でもない男性が、
メチャクチャ美人の女性と一緒に
歩いている事を見る事もありますよね。

 

 

言い換えると、

その方には必ず価値がある、と言う事と、
価値を感じてくれる人は必ず存在する、
と言う事かと思います。

 

 

意見は角度を変えて聞くと、
全く違う価値になったりもします。

 

 

 

自分の価値を信じる事、
そして、他人の価値を信じる事。

コレはとても大切な事だと僕は
思っています。

 

 

 

教える立場の人は、相手を信じる事。

自分に自信が無い人は、
まずは自分の価値を信じる事。

 

 

コレはマネジメントにおいても
よく言われる事でもありますが、

言葉ではなく、心から信じる事が
成果を大きく分ける要素だと思います。

 

 

あなたを信じてくれる人、
必ず身の周りに存在しています。

 

あなたから価値を感じてくれる人、
必ず存在しています。

 

 

そして、あなたの従業員さん、
またはクライアントさんは

あなたから信じてもらえる事によって
信じられないパワーを発揮します。

 

 

 

 

と言う今日の小噺でした。

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です