日本一に会ってきました

 

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

昨日は午後から大阪に行き、
一緒に学んだ仲間の方々と情報交換を
行っていました。

 

 

それぞれの強み、個性がありますし
向かう方向は違います。

 

ですが、お互いに学び合える事が
大いにあります。

 

 

仲間のチカラってスゴイですね。

 

 


 

 

【日本一に会ってきました】

 

去年の秋、
クラウドファンディングで日本で1番の
実績である1億2800万を集めた
鳴海禎造さんのお話を聞きに行ってきました。

ご存じない方もいるかもしれませんが、
彼は僕と同じ地元和歌山で活動されてます。

 

 

現在36歳との事ですが、
濃度がハンパじゃ無いです。

 

 

そして、とても丁重な対応をされる方です。

 

 

僕はクラウドファンディングにおいては
全くと言ってよい程興味は無いですが、

どの様な思考で日々活動されているのかを
知りたくて参加してきました。

 

 

 

表面的に見えるところというのは、
クラウドファンディングにおいてお金を
集めた戦略だったりとか、

その背景にある行動だと思います。

 

 

しかし大切なのは、
戦略、行動の背景にある思考です。

 

 

ひと言で鳴海さんの事を言うと、

「エグイ」に尽きます。

とにかく、諦めない精神が尋常では
ありません。

 

 

 

ご自身でも「諦めが悪い人間」と
言われてましたが、

フツーはココで旗を降ろすだろうな、
と言う所からグイグイと突き進み、
何においても

「望む成果を出す所までやり続ける」

と言うマインドで行動されています。

 

 

中身を色々と話したいですが、
オフレコ話もありますので言えません。

 

恐らくこの鳴海さんは、
数年内にもっととんでもない領域に
行かれるんだと思います。

 

 

 

印象的な内容は色々とありましたが、
その中の1つをご紹介します。

 

 

 

彼が最後の方に言われていた事、
それは

「理念の大切さ」

でした。

 

企業理念の事です。

 

 

 

従業員を30名程雇用されてますが
最初は従業員さんとは良いやり取りが
出来なかったそうです。

 

 

そしてこの鳴海さん。

会社勤めもした事がないので、
会社と言うモノがどういうモノなのか
よく理解していなかったと言ってました。

 

朝礼は無い、掃除はしない、
とにかく決まりごとがほどんど無い
状況だったそうです。

 

 

 

そして理念の必要性を感じ、
理念作成、社内の色々なルールも作り、
従業員さんが生き生きと働いている
状況になっている様です。

 

それだけではなく、
外部でも共感してくれる経営者さんが
たくさん出来たというのが鳴海さんの話から
読み取れました。

 

 

 

周りに影響を及ぼそうと考える時、

・戦略
・戦術

を求める事がよくあります。

 

 

でもそれはあくまでも枝の部分。

大切なのは、根幹だと思います。

 

 

 

戦略や戦術に依存すると、、、

「あの人の言葉、重みが無い」
「何か信憑性に欠ける」

と言う風に感じられる事もあります。

 

特に小規模事業であれば、です。

 

 

 

「人が動く」

と言うのは、

ビジョン等の大きな志の部分だと
僕自身も感じています。

 

 

戦術、戦略と言うのは、
北風と太陽の話で言う

「北風」(無理やり動かす)であり、

ビジョン、理念と言うのは

「太陽」(共感)と言う感じですかね。

 

 

 

人を無理やり動かしても、
一時的なモノだと思います。

 

 

共感してもらえる事によって
人が心から動くのではないでしょうか。

 

 

 

言語化と言うのは永遠のテーマかも
しれませんが、

自分が周りにどの様な事を提供したいかを
明示しておく事は大切ですね。

 

 

 

ホコリが被っている企業理念の額縁も
たまに見ますが、

大切にしている理念であれば
その様な扱いもしないと思います。

 

 

 

ツラツラと書いていると
何の話をしているのか意味不明に
なって来ました笑

 

 

 

あなた自身の想いを言葉に変えて
伝える事が出来ているかどうか。

コレも定期的にチェックですね。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です