今、違和感ありませんか?

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

月曜日の夜、
マーケティングコンサルタントとして
歯科業界に特化してサポートを
されている新井翔平さんと焼肉に
行ってきました。

大阪では有名な「万両」です。
(個人的にはサンドミノが絶対おススメ)

 

 

0から1を作る事が出来る絶対的思考を
お持ちの方で、
僕の思考も色々とぶっ壊して頂き、
(良い意味で)
新たなビジネスの可能性を感じる事が
出来ました。

 

 

 

新井さんと言うお名前の方とは
数年前から良いご縁があります。

 

 

一方、「林田」と言う名前と言うのは
有りそうでなかなかありません。

 

林田さん、いたら仲良くして下さい笑

 

 


 

 

【今、違和感ありませんか?】

 

自分で商売をしていると、

会社勤めの時とは格段に
成長のスピードが違いますよね。

 

まあ、僕の場合は、
左右上下に頭をぶつけながら
進んで来ましたが。。。

 

 

 

小規模で商売をしていると、
自分の成長に気が付かない事が
よくあるものです。

 

 

今までとは理想のお客さん像が
変化したり、

自分が提供している事に対して
何故かシックリ感が欠けてきたり、

自分の言動が腑に落ちないように
なってきたり。

 

 

これらには色んな原因がありますが、
よくあるお話で言いますと

「セルフイメージの変化」

が要因だと考えられます。

 

 

 

セルフイメージをカンタンに
説明しますと、

「誰に、何を、どの様に提供するか」

です。

 

この中の、

・誰に
・何を
・どの様に

のいずれかに自分の違和感を
覚えたりするものです。

 

 

 

ココで言う

「誰に」「何を」「どの様に」

の要素は、

・~の業界に
・起業〇年目の方に~
・会社規模が〇〇くらいの~
・~専門家

と言う大きなくくり方ではなく、

もう一段階下の細部の所です。

 

 

 

 

僕はかつては、
とある業界に特化したサービスを
提供していました。

 

最初の頃は、
お客さんを獲得するパターンが
出来てきたので、

「よし、いい感じ」

と思ってやっていました。

 

 

ところが、、、

「あれっ、何かシックリ来ない…」

と思う事が多々ありました。

 

 

お客さんは獲得出来ているのに、

自分が本当にお付き合いをしたい人と
出会わなくなっていたのです。

 

 

 

自分が本当にお付き合いしたい人、
僕の場合は

「価値観が合致している」

と言うところでした。

 

 

業界に絞り込んだところで、
価値観の絞り込みをしていなければ
業界全体の人が反応します。

 

 

コレはUSPなんかの話じゃなく、
自分のこだわりの話です。

 

 

 

セルフイメージは常に変化します。

違和感のあるときはいつでも
セルフイメージを見直す作業を
行わなければなりません。

 

 

 

人によって大切にしたい事は
様々かと思いますが、

違和感を持っているのであれば

・誰に
・何を
・どの様に

のどこかにその違和感の要素が
きっとあるんだと思います。

 

 

 

外向けに学ぶ事も大切ですが、
内省的に考える時間のほうが
より答えを出せる事は少なくありません。

 

 

 

たまには自分の内側に問いかけて
自分が本当に何をしていきたいか?を
考えるのも良い時間だと思います。

 

 

違和感は成長の兆しですね。

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です