「技術」と「才能」の違い

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

昨日、僕が開業初年度でエライ目に
あっていた時に僕を救って頂いた
大尊敬する方とお会いしました。

 

 

 

日頃は海外におられるのですが、
1カ月ほど日本にいるとの事で

昨日の夜遅くに時間を取って頂きました。

 

 

 

早く成果を出して恩返しをしなければ、
と思っているモノの、

この方はドンドン先に進まれています。

 

 

 

いつも、

「他の人を救ってあげて」

と、ペイフォワード精神を
教えてくれます。

 

 

せめて食事代位は出したいのですが、
それも出させてくれません。

 

 

一層、頑張らなくてはと思えます。

 

この様な方と接する事が出来ているのは
一生の財産ですね。

 

 


 

【「技術」と「才能」の違い】

 

ここ数日のセミナーで
この話をしているのですが、

少しウケが良いので調子に乗って
今日のメルマガに書かせて頂きます。

 

 

 

スゴイ人と言うのは、
身の周りの1人、2人はいると思います。

 

 

でも、スゴイ方と同じ様な成果を
出そうと思っても、

そうはならない事が大抵です。

 

 

コレが技術と才能の違いだと僕は
思います。

 

 

 

 

まず「才能」について。

 

コレはあくまで僕が教えてもらった
事であり、

事実かどうかはご判断下さい。

 

 

 

「才能とは、
 その人が持っている天性に
 その人の経験を掛け算したモノ」

と教えてもらいました。

 

 

元々持っているその人特性の
才能と言うのは、

上手く言葉に出来ないモノなので
マネする事が出来ません。

 

 

 

 

一方、技術について。

 

「技術とは再現性のあるモノ」

「再現性のあるモノ=言語化出来るモノ」

です。

 

 

技術は、再現性があります。

 

「この様に考え、この様な行動をすれば
 この様な成果を得られる」

と言う感じでしょうかね。

 

 

 

 

私たちは業界の権威の人に
憧れたり、学んだりする事も
あります。

 

 

でも、業界の権威の人と言うのは、

「行ってしまっている人」であり、

もう昔のステージの事を明確に
思い出したり、言語化したりする事は
困難だと思うんですよね。

 

 

 

一方、「少し上にいる人」は、

苦労した体験も比較的、年月が近く、

「その様な時はこの様に考え行動したよ」

と伝える事が出来ます。

 

 

 

 

私たちは、
常に自分に不満足感を覚えるモノです。

 

業界の権威の様な人と比較を
してしまうからです。

 

 

 

あなたには既に大きな価値があり、

「近い」からこそ提供出来る内容が
必ずあります。

 

 

 

 

と考えると、自信が出ませんか。

 

 

 

あなたの事を待っている人は
必ずいます。

 

 

あなたの存在を早く
伝えてあげないと僕は思いますが、

あなたはどう思いますか?

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

 

追伸:

「言語化する技術」=「再現性」
を手に入れ、

クライアントさんにも大きな成果を
出す事が出来るヒントがここにあります。
http://kokyakusouzou.com/lp/sales-breakthrough/

※自宅で参加可能です(動画)

 

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です