成果出すには、10より3

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

12日の夕方に関西に戻り、
すぐさま仕事を開始しております。

 

 

東北(その他雪国も)の方って、
本当に大変な日々なんだなぁと
直接目で確認しました。

 

休みは終日、雪かき。

 

仕事の生産性が落ちてしまっても
仕方が無いと思いました。

 

 

自分に与えられら有効な時間を
どの様に効率よく活用するのか、

再度考える良い機会になりました。

 

 

 

やはり非日常体験から
自分を客観視した気付きって
たくさん得られるモノですね。

 

 


 

【成果出すには、10より3】

 

とある企業研修にて
会社員の方向けのお話をしました。

 

 

そして、
その上司の方から嬉しい報告を
頂きました。

 

 

「僕がずっと言いたかった事は
 今日林田さんが話してくれた事なんだ」

 

嬉しくて仕方がない言葉でした。

 

 

 

この上司の方は、

「部下の子たちに気付いてもらいたい」

と言う目的を研修に持たれていました。

 

 

で、僕の研修ですが、

ワークを山の様にたくさんしました。

 

うたた寝さえ出来ない研修です。

 

 

 

僕が根本的な話をし、

参加者さんが自ら考え、
答えを出してもらうという感じです。

 

 

 

そして、
冒頭にお話させて頂いた事として

「ノウハウよりも行動です」
(カンタンに言うと、こんな感じ)

と言う事をお伝えさせて頂きました。

 

 

 

今まで色んな「学び」の研修を
された様なのですが、

なかなか行動には繋がる事が無く
頭でっかち状態になっちゃう事も
少なくは無かった様です。

 

 

僕の研修が優れている訳じゃなく、

ただ、

「自ら考え、行動に結びつける」

と言う事を目的に進めただけです。

 

 

研修後も率先して行動を
されていて、

少しずつではありますが
成果も出ているそうです。

 

 

 

 

 

10のノウハウのインプットより、

1の行動の方が成果が出ます。

 

 

10学んで1やるよりも、

3学んで2やる方が圧倒的に
成果が出ます。

 

 

 

僕が学ばせて頂いた
コンサルスター養成塾においても

「アウトプットが先」

と言う事を教えてくれました。

 

 

 

 

僕は日常のコンサルティング、

および現在行っている
「自己一致ビジネス構築集中養成講座」
においても、

頭でっかちになるのではなく、

「行動に移す思考法、取り組み方」

を軸にさせてもらっています。

 

 

 

アウトプット(行動)があって、
そこからの気付きによって
インプット(勉強)が強固なモノに
なるからです。

 

 

 

 

「動いた方が良いのは分かってる」

「だけど…」

と、

満足に行動出来ない状態の方も
少なくはありません。

 

 

 

コレは、

「動き方」を学んでいないから
この様な症状に陥るのだと
僕は思っています。

 

 

 

 

成果を出されている方は
やはり動いています。

 

動き方を学んでいるからです。

 

 

 

 

知っていると知っていないの違い。

コレは学びと言うノウハウだけでは
無く、

動き方を学んでるかどうかも
あります。

 

 

 

値上げに踏み切れなかった人が
「やる」
と言ってすぐに値上げをされたり、

高額商品が作れなかった人が
「スッキリ高額商品が売れた」
と言われたり、

偶然ではなく、必然の話です。

 

 

 

 

目新しいノウハウよりも、

自分のボトルネックの解決の方が
圧倒的に成果は出ます。

 

そして、長期的成果を得られます。

 

 

 

 

 

自分には今何が足りないのか?

 

僕はもちろんカンペキには
考えられませんが、

可能な限り自分をこの様な思考で
見る様に心がけています。

 

 

 

 

と言う事で、
新たな思考を小さくても1つ、
持ってみる1日にして下さいね。

 

コチラもお待ちしております。
http://kokyakusouzou.com/lp/sales-breakthrough/

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です