売上を左右する根本原因

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

 

今日は終日、
とある企業さんの企業研修講師です。

 

 

 

誰もが利用した事があるだろう
会社さんであり、

僕も小学校の時に初めて利用したので
思い出がよみがえるというか、
何だか不思議な気分です。

 

 

 

 

参加者さんは初対面の方ばかり。

 

 

参加者さんは何を求めてるのか?

と分からない中で研修を進めるより、

最初にズバッとみなさんに聞く事が
何より研修をより良く進めていく事が
出来ますね。

 

 

 

 

あと、コチラもお忘れなく。

限定特典は2月10日までですよ。
http://kokyakusouzou.com/lp/sales-breakthrough/

 

 

 


 

 

【売上を左右する根本原因】

 

 

チョット大げさかもしれませんが、

ライトなお話です。

 

 

 

 

ひとりビジネスをしているなら、
売上の根本原因は下記の2つかと
僕は思っています。

 

①見られ方
②セルフイメージ

この2つです。

 

 

 

 

フレーミング効果と言うモノが
あります。

 

 

フレーミング効果をカンタンに言うと、

「表現の仕方で価値が変わる」

と言う事です。

 

 

 

 

これだけを聞くと、

「自分の肩書きを変えなくちゃ」

と表面的に捉える方もいるのかも
しれません。

 

 

 

ですが、これだけでは

①見られ方が変換するだけであって、
まだモノ足りません。

 

 

 

具体的に言いますと、

見られ方が変われば、
確かに相手への印象は変化します。

 

でもこの時、
②セルフイメージが大きなネックと
なってしまいます。

 

 

 

 

 

売上を上げたい時、

表面的な手法に依存してしまうと
セルフイメージが昔のままとなり、

請求する側であるあなたの自己イメージが
変化していないので、

①見られ方が変わったところで
売り手の中身はそのままなんです。

 

 

 

となると、
請求する金額、提供サービス価値も
昔のままになってしまいます。

 

 

 

 

 

肩書きを変えるにおいても
キチンとした「技術」があります。

 

腹落ちした肩書きがあってこそ
更に当たり負けしない自分になれます。

 

 

 

 

もちろん、
肩書きだけで売上が上がる、
と言う訳ではありませんが、

肩書きが売上の邪魔をしている事が
非常に多いです。

 

 

 

 

自分でやれる事は山のように
あるのに、

肩書きと言う「弁当箱」の様な
決まった箱の中に自分を押し込め、

本領発揮出来ていないという
イメージです。

 

 

ん、チョット分かりにくいですかね。

 

 

 

 

 

言い換えると、
今のあなたの肩書きが仮に
Aだとすると、

「A=あなた」

じゃないはずです。

 

 

 

Aはあくまであなたの一部。

A以外にもあなたがやれる事は
たくさんあるはずです。

 

 

 

 

言葉はすごいパワーです。

肩書きもその1つです。

 

 

 

こんな話も今回のセミナーで
行います。
http://kokyakusouzou.com/lp/sales-breakthrough/

 

 

 

 

それでは今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です