自分の課題ベスト3は?

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

昨日は朝から京都に行っていて、
午後から雪が降ってきたので
早めに戻らせて頂きました。

 

ご配慮頂いた社長に感謝しています。

 

 

 

 

そんな地元南国和歌山は、
雪のカケラも降らずでした。

 

 

 

 

 

関東の雪、スゴイですね。。。

 

正直なところ、
僕はスノボが大好きなので
雪が羨ましくも思ってますが、
(怒られますね、すみません)

仕事に影響出るのはキツイですよね。

 

 

 

でも日頃できない事を手掛ける
良い時間にして頂ければと思ってます。

 

 

 

 


 

 

【自分の課題ベスト3は?】

 

 

「あなたのお客さんのお悩みの
 トップ3は?」

学びの場で、
この様な質問を受けた事があります。

 

 

 

 

「これと、これと、これと…」

とその時回答しましたが、

まあ、本当にそのお客さんが抱えている
お悩みトップ3では無いというのは
紛れも無い事実でした。

 

 

 

想像とか、
チョット聞いた事があるから、とかで
答えましたからね。

 

 

 

 

 

でもこのお客さんのお悩みの
トップ3。

 

対象のお客さんにたくさん聞けば
見えてきます。

 

言ってる事そのままですからね。

 

 

 

 

 

 

 

では、、、

「あなたの課題ベスト3は」

と質問をされるとどの様に
答えるでしょうか。

 

 

 

この質問に関しては、
自分が課題にしている事なので
比較的カンタンに答える事が
出来るかと思います。

 

 

 

 

 

 

では、チョットひねって、、、

 

 

 

 

「あなたの課題ベスト3」は、

【本来改善すべき課題ベスト3】

なのでしょうか?

 

 

 

コレを100%的確に答える事が
出来る人はほとんどいない様に
僕は思います。

 

 

 

 

 

誰もが自分の真の課題を見つける事は
困難で、

「自分の思い込み課題ベスト3」

に着手するモノです。

 

 

 

 

僕の場合は、

「自分にはノウハウが足りない」

と思い込んでいた時期がありました。

 

 

 

そしてノウハウを学び続けた結果、

何も得られませんでしたw

 

 

悲しいですが、現実です。

 

 

 

 

この様に、
自分を客観視出来ないという事は
経営者は特に多いモノです。

 

なぜなら、
自分が生きてきた世界と言うのは
自分基準で判断をしますし、

誰も自分の課題をダイレクトに
言ってくれないからです。

 

 

 

 

 

僕はこの様な状況を解消する為に
コンサルタントの方に毎月1回
見てもらっています。

 

 

 

とは言うモノの、
コンサルタントの勧めをしてる訳じゃ
ありません。

 

 

 

 

 

僕が今までお付き合いをしてきた
ひとりビジネスをされている方、

共通の課題をお持ちでした。

 

 

表面には出ないモノです。

 

 

 

 

自分の本当の課題、
明確になればビジネスが急激に
加速しはじめます。

 

 

 

 

 

「自分の今の真の課題は何?」

と言う事を知りたいなら、

客観意見をもらう事は解決法の
1つです。

 

 

ビジネス仲間、
なかでも、真摯に向き合ってくれる
方がいるなら最高に良いと思います。

 

 

 

 

 

僕は最近、
色んな経営者さんとお会いする機会を
たくさん作っています。

 

 

その中で見えてくる、

「成功している方の共通点」
(ケタが違う方々です)

は、、、

 

「1人でビジネスをしていない」

と言う事です。

 

 

 

 

成功されている人は、経験から、
または自分をコントロールする為の
仕組みを作っておられます。

 

それが「人」だったりします。

 

 

 

 

自分を律する事ができ、
自分を客観視できる人って

なかなかいませんからね。

 

 

 

 

あ、
今日も長くなっちゃいました。。。

 

 

 

自分の真の課題を見つけるには
何をすればいいのか?

 

 

コレは人次第で答えが違うとは
思いますが、

自分を客観視する事は大切だと
僕はいつも意識しています。

 

 

 

 

今日か明日、
良い機会をご提供させて頂きますね。

 

 

 

と言う事で、
今日は雪で大変な方は気持ちを
切り替え、

やり残していた重要な任務に
ぜひ取り掛かって下さいね。

 

 

 

では僕も今日は間もなく
出発します!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です