目標、計画の立て方

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

 

今、税理士さんなんかは
これから忙しい時期でしょうけど

一般的には比較的ゆっくりな
時期ですよね。

 

 

 

この1月がある意味勝負ですし、
今日は僕なりの

「目標、計画の立て方」

についてお話をしたいなと思います。

 

 


 

 

【目標、計画の立て方】

 

 

先に言っておきますが、
目標、計画の立て方と言っても
色々ありますし、

1つのアイデアとして捉えてもらえたら
いいなと思っています。

 

 

 

 

まず、今年1年の目標を数値化してます。

 

「目標2兆円」

みたいな感じで。。。

 

 

年収の目標では無くて
年商の目標にしています。

 

 

なぜなら、
年収は経費等で変化しますので
明確に追える数字を目標にしなければ
なりません。

 

 

 

 

次に、

商品×購入人数

を、商品ごとに組み立てて
コレも数値化します。

 

 

 

例えば年1000万だとすると、

A商品 (5万)×20=100万
B商品(20万)×30=600万
C商品(10万)×15=150万

みたいな積み上げをして、

合計1000万の絵を作ります。

 

 

コレで完全に数値化しました。

 

 

 

 

次に、

「時系列」に落とし込みます。

 

 

〇月にAをする、
〇月にBをする、

と言う感じです。

 

 

 

 

そして、

商品A、商品Bごとに
逆算します。

 

 

 

商品Aを〇月に販売するためには、

・準備1
・準備2
・準備3

・準備7

みたいな感じです。

 

 

 

そして、再度、

準備1を細分化して
行動に落とし込みます。

準備2も3も同様に、です。

 

 

 

この細分化を繰り返します。

 

 

 

徹底的にやらなくちゃいけないモノは
大きく数値化した目標を1日ごとに

「今日はAを〇〇までやる」

と決めます。

 

 

 

そして、

あとはこの日々の数値化目標を
日々ズレなくこなして行くようにする、

または、
準備物として数値化出来ない場合は、
時間換算していつまでにそのタスクを
しなくちゃいけないのか出します。

 

 

 

 

 

と言う事で、

大きな目標はあったとしても、

日々やる事は、
日々の目標を達する為だけに
行動してるって感じにします。

 

 

大きな数字がとても小さくなり、

しかも行動を明確に立てているので
焦る事が無くなります。

 

 

 

 

僕は、
大きな目標をいかに細分化して
それを愚直にこなせる計画を立てるか、
コレが大切だと思っています。

 

 

 

 

 

あとはプランBやCを
持っておく事だと思います。

 

 

プランを立てても予定とおりに
行かない事はよくあります。

 

 

 

でも、この様に具体的な計画を
立てておくと、

当初の計画から大きくズレる事は
ありません。

 

 

 

そして、プランBやCが
それをサポートしてくれます。

 

 

 

 

 

・相手に期待しない事
・自分の計画に依存しない事

この様な事はとても大切な事だと
思います。

 

 

肉体的にも、精神的にも
自分をコントロールする為に、です。

 

 

 

 

 

「コレ、出来るだろうか…」

となっている時と言うのは、

行動が細分化されていないのかも
しれません。

 

 

 

最小限まで小さくすれば
今日の行動が明確になります。

 

 

 

 

もちろん僕は完璧にこなせる訳じゃ
ないですが、

極限までかみ砕いておけば
計画からズレが少なく近似値には
イケます。

 

 

 

 

 

目標から遠くなっている時は
計画がしっかりしていない時かも
しれません。

 

 

 

 

 

「今年は〇〇〇〇万行く!」

と気持ちだけが先走らないように
しなくちゃいけませんね。

 

 

 

 

上手く説明出来たかどうかは
分かりませんが、

もし計画を見直す所があるなら
ぜひ今のうちにやって下さいね。

 

 

 

 

「高額セールスためらい突破メソッド」
http://kokyakusouzou.com/lp/sales-breakthrough/

 

 

席が埋まりつつあります。

お早めにどうぞ。

 

 

 

それでは今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です