成果出した人あるある

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

昨日は、

「自己一致ビジネス構築5メソッド
 6カ月集中養成講座」

の第5回目でした。

 

 

 

参加頂いている皆さんは
様々な成果と、

当たり負けしない感覚を
持たれている様に感じています。

 

 

 

 

小手先テクニックではなく、
本質を大切にしている方々が
参加されています。

 

 

 

また3月から開講しますが、
原理原則を大切にしながら、

「成果を生みだせる自分作り」

をしたい方はぜひぜひ事前説明会にも
お越し下さいね。

 

 

2月にセミナーを行う予定です。

 

 

 


 

 

【成果出した人あるある】

 

 

今日は、一定の成果を出された方向けの
お話です。

 

 

何かしらの大きな変化があって、
何らかの大きな成果を出した時に
よくあるお話です。

 

 

 

 

 

≪成果出した人あるある≫

 

一定の成果を出した時、
色んな変化が起こります。

 

 

コレは、
調子が良い時の野球選手にも
少し似ています。

 

 

 

 

「パターン1」

・守備範囲が広くなる感覚を持っちゃう

 

 

プロ野球選手なんかでも、

「〇〇打数連続安打」

と言う記録ってよく見ますよね。

 

こんな時は、

「何をやっても上手く行く」

みたいな感覚になっちゃうそうです。

 

 

 

でも、どこかのタイミングで
その連続安打数が終わりを迎えます。

 

 

 

調子が良い野球選手は、

チョットした高めのボール球でも

「今なら打てる」

と思ってしまうそうです。

 

 

 

そしてその結果、

「あれ、おかしいな・・・」

となり、

「自分の強みを超えた枠で勝負する」

と言う事を行ってしまい、
自分のパターンを見失います。

 

 

 

そしてその結果、
不調と言う状態が待っています。

 

 

 

常に自分のストライクゾーンというか
自分の強みがどこにあるのか、を
忘れない事が大切ですね。

 

 

 

 

 

「パターン2」

・周りへの感謝を忘れてしまう

 

 

色んな方からの良い影響を受け、
何らかの成果を出したんだと思います。

 

 

そして、
その大きな結果を出した時と言うのは、

「俺がやったんだ」

と思ってしまう事もあります。

 

 

 

そして、
周りの人にお世話になった事さえも
忘れてしまう事もあります。

 

 

 

 

 

パターン1、パターン2の合わせ技で
発生してしまう現象として、

「周りの人を応援できなくなる」
「周りに奪われたくない思いが強くなる」

と言う事です。

 

 

 

 

ビジネスにおいては、
自分ひとりで行う事は不可能だと
僕は思っています。

 

 

 

常に周りの人からの学び、影響で
今の自分があるはずです。

 

 

 

にも関わらず、
全部自分でやっている感覚を持つと、

人から教えてもらった事でさえも

「コレは自分のオリジナルです」

みたいに人に伝える様になったりも
します。

 

 

他にも、

「この仕事ならAさんの専門分野だけど
 何とか自分でやりこなしたい」

と、全部自分でガメてしまう事だって
起こり得ます。

 

 

 

 

 

何らかの成果を出した時こそ、
僕は人を応援するように先人から
教えてもらいました。

 

 

 

人を応援する事で、
相互の感謝が生まれます。

 

そして、
もっと仕事が回ってきます。

 

 

 

 

 

ビジネスモデルと言うのは
色んな形があります。

 

あらゆるビジネスモデルにおいて
最終的に提供したいモノと言うのは、

最終形はみんな同じだと思います。

 

 

 

ビジネスは言い方が違うだけで
提供しているモノの根底は同じだと
僕は思います。

 

 

 

 

全部自分でガメてしまうか、
他社の応援をしながら頑張るか。

コレがビジネスで大きな発展を
継続できるかどうかだと僕は思います。

 

 

 

 

周りへの感謝を忘れない事。

基本的な事ではありますが、
僕はこの教えを守り続けながら
来年以降もやっていこうと思います。

 

 

 

 

ありがたい事に、
僕の連続講座に参加頂いている方は
貢献の想いが強い方ばかりです。

 

そりゃ成果は出ますよね。

 

 

 

良い調子の時、
悪い調子の時、

どんな時だって仲間の存在は
自分を救ってくれますね。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です