お金の短期/長期の考え方

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

さすがの寒さに
朝から車の窓が凍り付いている
和歌山からお届けしています。

 

 

 

 

先日、とある本を買いました。

 

 

口コミが多い本(絶版)で、
メッチャ良いと勧められたので
1600円で購入。

 

 

 

 

その1か月後の昨日、
なんとなくではありますが
その本を再びアマゾンで探しました。

 

 

 

何とその価格。

8000円。

 

 

 

絶版本、かつ
口コミが多い本なので

誰かが釣り上げて行ったんでしょう。

 

 

 

 

ビットコインの様に
(僕はやっていませんが)

小さな決断をためらう事による損失は
大きな後悔になるんだなぁ~と
思う、アマゾンチェックでした。

 

 

 


 

 

【お金の短期/長期の考え方】

 

 

「今はお金が無いので
稼げるようになったら勉強します」

 

よく聞くお話かもしれません。

 

 

 

 

 

僕もお金に関しては
まだまだ勉強しなければなりません。

 

なので今日は、
色んな方からの教えを纏めた話をします。

 

 

 

 

 

「お金を長期で考える人が
 大きな成果を出している」

 

コレは色んな方から何度も
お聞かせ頂きました。

 

 

例えばですが、

「今、お金が無いから学べない」
「余裕が出来たら投資(勉強等)する」

等考える人もいるかと思います。

 

 

 

一方、お金を長期的に考える人は、

「この投資によって、
 1年、3年、5年後も成果に繋がる」

と考え、投資されています。

 

 

そして、
長期的にお金の事を考える方が
大きな成果を出されています。

 

 

 

 

と僕は学んできたので、
今でも学びへの投資は惜しみません。

 

 

 

 

 

短期的なお金の思考では、
短期の見返りしかありません。

 

 

長期的なお金の思考では、
長期的な成果が出ます。

 

 

 

 

 

教える仕事をしている人の思考でも、

「長期に考えましょう」

とは教えているモノの、

自分が長期に考える事が出来てない事も
あります。

 

 

 

 

すべての発言はリーダーシップであり、
周りの方への見本であると僕は思ってます。

 

言行一致の大切さ、ですね。

 

 

 

 

短期的思考であれば、
小手先テクニックを得ようとします。

長期的思考であれば、
物事の本質から学ぼうとします。

 

 

 

短期的思考であれば、
出し惜しみをし、成果に大きな変化を
出す事がなかなか出来ません。

長期的思考であれば、
自分の行動を段階を踏んで一歩ずつ
進めていき、
自分でも想像していなかった成果を
「基盤の成長」と共に出されています。

 

 

 

短期的思考であれば、
「お金を人から奪っている感覚」
を持っていて、請求出来ません。

長期的思考であれば、
「絶対に良いですよ」
と心からおススメ出来ます。

 

 

 

 

自分自身の思考の整理の為にも
書いてみました。

 

 

あなたはどちらの思考が
強そうですか。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です