「買ってくれ」は最低3回!

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

いきなりではありますが、
貴重な経験をしました。

 

 

先日、とある方のイベントに
参加する事になりました。

 

 

業界の人間では知らない人は
誰もいないだろう…と言う方の
イベントです。

(コレで分かっちゃうかもw)

 

 

 

この1カ月くらいで、
この方と3回お会あいする機会が
ありました。

 

さらには、
フェイスブックでもほぼ毎日
拝見します。

 

 

 

「こんなイベントがあるので
 ぜひ来てね」

と言う事を、

・直接会った時には毎回
・フェイスブックでは5回くらい
・メルマガでも複数回

言われていました。

 

 

 

僕は最初は、

「へぇ~、こんなのがあるんだ」

と言う理解のみ。

 

 

 

そしてそのイベント。

何度もフェイスブックでも見るし、
メルマガでも何度も言ってるし、
最後にお会いした3回の面談時にも
再度お伝えいただき、ようやく

「参加しよう」と決めました。

 

 

 

 

業界の著名人、
いわば成功している方ですよ。

 

何度も何度も「来てね」と
お伝えされているんです。

 

 

 

 

これ、セールスコピーとか
マーケティングでも良く言われますが、

「最低3回は伝えよう」

と言われています。

 

 

1回目は、
「聞いてもらう為に」、

2回目は、
「理解してもらうために」、

3回目は、
「行動(申込み)してもらう為に」

です。

 

 

 

そもそも自分ひとりでは
自分の行動を決められないし、

人に行動してもらうとなると、

・存在を知ってもらう
・価値を知ってもらう
・行動してもらう

と言うところまでのアプローチが
必要となります。

 

 

 

 

 

十分に売れていない理由って、

「自分に価値が無いのか」

と考えてしまう事もあります。

 

 

でも、単純に、
伝える回数が不足していないか?

と考える方が賢明だと思います。

 

 

 

そもそも、その存在を知らないと
人は行動しないどころか、

聞き流し情報にすぎません。

 

 

 

 

こんなに著名な方であっても
これだけの回数の「伝える」
と言う行為をされています。

 

 

 

自分が顧客側としての経験は
これ以外にも生かす所はまだまだ
あるかと思います。

 

 

 

ってな話です。

 

 

 

 

「プロに聞くより、顧客に聞け」

自分の顧客側の経験、または
自分のお客さんへのヒアリング。

 

まだまだやれる事って
ありますよね。

 

 

僕はよく分からなくなってきた時、
お客さんに聞く事を意識してます。

購入するのはお客さんですからね。

 

 

 

3回伝える事。

もし現時点で出来ていないなら
まずコレを実践してみましょう。

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね!

 

★新動画(無料)★
コレ、チェックしましたか?
www.ltv-design.com/muryou/index2.html

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です