「4つの知」気付いてますか?

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

昨日、数カ月ぶりに飛行機に
乗ったのですが、

今は飛行機が飛んでいる間でも
スマホが使えるんですね。

 

 

離陸5分後から到着までほぼ
普通に使えます。

 

 

仕事が出来るからと言う理由で
新幹線を使っていましたが、

日常の行動が同じパターンなら
周りの変化に気が付く事も無いなと
良い勉強になりました。

 

 


 

【「4つの知」気付いてますか?】

 

 

僕のもう1つのサイトの
過去のブログにも書いたのですが、

人には4つの「知」があります。

 

 

大学4回生の時に、
自己啓発セミナーの様なものに参加し、
その時に教えてもらった事です。

 

 

2日間缶詰め、大学生には高額の30万!

なぜ行こうと思ったのか覚えてませんw

 

 

 

まず1つ目です。

 

①「知っている事」を「知っている」分野

具体例を言いますと、

「自分は日本語が話せる」
「自分は運転できる」

といった所。

 

言い換えると、
自分が「出来る」という事を
知っている分野の事を指しています。

 

 

 

そして2つ目。

②「知らない事」を「知っている」

たとえば、

「自分はスペイン語を話せない」
「自分は弁護士の仕事は出来ない」

みたいな、

「自分が出来ない」と言う事を
知っている分野です。

 

「俺は~が出来ないし」
と発言してしまう事が
ココにあたります。

 

 

 

 

そして3つ目。

③「知っている事」を「知らない」

例えば、

「〇〇さんって、
 こんな能力あるよねえ」

とか、

「私はあなたの○○の部分が
 好きなんだー」

と、
他人から言われる事により、
自分が持っている価値を
理解していなかった部分など。

 

 

まあ、
自分の価値を自分で
過小評価している事なども
ココに当たるのかもしれません。

 

 

言い換えると、
自分が既に
「知っている」「持っている」事を
自分で気付いていない、

と言う事です。

 

 

 

 

そして、最後の4つ目。

これが最も大切だと思います。

 

④「知らない」事を「知らない」

例えば、

「自分は出来ると思っている」
「自分の強みは〇〇だ」

と思っていながら、
実は違う、と言う点です。

 

 

 

「自分はイケてない」

と思いながら、
他者から見たらイケてたり、

その逆もあり得ます。

 

 

 

 

結局は、
自分の価値というモノは
自分では判断できない、

と言う事なのかもしれません。

 

 

 

 

知る事は主に2つだと思います。

 

 

まずは、①自分。

 

あなたの強みが10種類あるとして、
自己評価による最高評価が
7の部分だとしても、

見込み客はあなたの2の部分を
最大評価している事がよくあります。

 

 

 

そしてもう1つは、②お客さん。

 

長く商売していればしている程、
お客さんの事を決めつけてしまい、

「お客さんは●●を悩んでいる」

と言う間違えた思い込みが発生する事も
あります。

(結構ココが盲点)

 

 

 

 

自分の事も、他人に聞いてみる。

お客さんの事も、
直接お客さんに再度聞いてみる。

 

 

 

聞くこと、そして、
心から耳を傾けて率直に受け入れる事が
大切だと思います。

 

 

 

と言う感じで、
バイアスを外してゼロベースで
再度聞く機会を取ってみる事によって、

ビジネスがさらに発展する事が
多くある様に思います。

 

 

 

決めつけは盲点をたくさん作りますね。

僕もコレを書きながら、
改めてお客さんに聞いてみなければと
思いました。

 

 

外部の意見は、
長期にも短期にも作用しますね。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

★ひとりビジネスの方へ★
もうこの無料動画は見ましたか?
www.ltv-design.com/muryou/index2.html

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です