成長を止めない方法

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

今日は終日事務所にこもり、
来週からの連続養成講座の準備を
する予定です。

 

企業研修などをやってみて
改めて思うのは、

「こっちから答えを決めない事」

の重要性です。

 

 

今回は連続7回あるので、
1回が終わる毎に参加者さんの意見を聞き
2回目以降の内容を調整していく予定です。

 

 

最近思うのは、

「問題は幹の下の根っこにある」
と言う事と、

「行動の起爆剤になるモノは
 枝の先の葉っぱの先っぽにある」

と言う事です。

 

まあ、分かる人に分かってもらえたら
OK牧場です。

 

 

OK牧場です。

 

 


 

【成長を止めない方法】

 

「質問とは、
 思考停止を脱却するモノである」

と、
茂木健一郎さんの本に書いていました。

 

 

自分の人生をより良くしていくには
どうしたらいいのか。

これについては誰もが考えると
思います。

 

 

そしてこの先の行動が、
成果を変えるのではないかと思います。

 

 

パッと浮かんだ自分への疑問を
自分が解決出来る問題に書き換える人、

パッと浮かんだ自分への疑問を
すぐさま忘れてしまう人。

 

この2つの違いが人生を変えるかも
しれないですね。

 

 

 

本の中身の一部の引用ですが、

日本の教育と言うのは「答えありき」で、
常に正解があるモノだという概念が
大人になってもいく分か残っちゃいます。

 

 

一方、日本以外の世界を見渡すと、

「問題を解いた人」よりも
「問題提起をした人」の方が偉いと
言われています。

 

 

 

自己成長が止まらない人と言うのは、
自らに問題提起をやり続けている
人ですね。

 

 

①「どうすればやれるのか」と、
②「何が問題なのか」と。

 

この2つの質問の質と言うのは
大きく違う様にも思います。

 

 

①は小手先、
②は根幹への質問。

 

 

①「どうすれば売上を上げられるか」

②「何が問題で売上が思う様に
  上がらないのか」

こうも言い換えられると思います。

 

 

②の方は、根幹への質問です。

 

根幹への質問を行うと、
全てに共通する解決策がバチッと
火を噴くような気付きを得る事も
あります。

 

———————————————————————————————–

 

と書くと、
難しく聞こえるかもしれませんが、

・売上が上がらない
・理想顧客像が作れない
・何か違和感がある

等々の問題と言うのは、

表面を加工するのではなく
根幹を見直す事が大切だと
言う事です。

 

 

 

コレは僕の経験則ですが、
自己質問をし続けている時が
最も成長した時の様に感じます。

 

 

成し得たいと思ってるのに
成し得ないままになってる事、

まずはその根幹を見つめる事。

 

 

 

 

よく言われる言葉に変換すると、

「やり方」より「あり方」

ですね。

 

 

 

今日のメッセージの最初に
「問題は幹の下の根っこにある」
と書きましたが、

そういう事ではないでしょうか。

 

 

 

僕が大切にしているのは

「顧客を満たす為には
 まずは自分を満たす事」

です。

 

 

自己質問が自分をさらに
成長させる大切な事だと思います。

 

 

今日はどんな自己質問に対し
向き合ってみますか。

 

僕は行動、思考が詰まった時は
終日自己質問をホワイトボードと
友達になってやっています。

終日はキツイですが、
確信を得る事が出来ますよ。

 

 

では今日もOK牧場で
充実の1日にしましょう。

 

 

追伸:
面白ギャグと、
メルマガ感想お待ちしております。

 

————————————————————————————————

【特別レポート】 

成果が出ない時の7つの共通点とは?≫ 

http://ltv-design.com/report 

———————————————————————————————- 

【メルマガ登録はコチラ】
「メルマガ/ブログをネタがなくても
 毎日書く方法(3回の動画)」の
無料特典付き

http://www.ltv-design.com/muryou

 

顧客価値向上パートナーズ 
林田康裕 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です