目的とタスクと期限

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

昨日も朝早くから事務所に来たのですが、

「あ、カバン忘れた」
と事務所に来てから気付き、

カバンを取りに車で20分。

 

自宅に到着し、、、カバンが無いw

 

 

カバン、どこに行ったんだろうと
探してると、

何と車の中に置いたままでした。

 

 

結局、家に戻る必要は無かったですが、
メルマガのオープニングの話が出来たので
OKとしています笑

 

 


 

【目的とタスクと期限】

 

今僕が通っている
とある高額講座があります。

 

長期間にわたるモノですが、
次回(来月)で最後です。

 

 

いざ最後になると、
色んな現象が起きます。

 

 

 

今まで色んな成果を出してきた人、
まだやり残しがある人、

色んな方が参加されています。

 

 

残り1カ月になってから、

「~をスタートした」
「新しく~~~を開始した」

等の報告が最近多くなってます。

 

皆さん、自分自身がしたい事を
次々と実現されています。

 

 

 

 

マーケティングにおいては

「期限を付けた方が良い」

とよく言われます。

 

何らかの申込み期限とか、
期間を限定したりとか。

 

 

 

でも実際のところ、
自分の行動目標に対して
期限がコマメに定まってない事は
結構ある様にも思います。

 

 

 

タスクを細分化して、
そのタスク毎に期限設定すると
不思議な事に、スピード感が増します。

 

着実にタスクを完了していけます。

 

 

 

僕が通っているこの講座においても
次回が最後、という期限があるので
を最後のひと踏ん張りをされてる方が
多いんだと思います。

 

 

 

タスクを決める際、

タスクから決めてしまうと
期間内の達成が出来なくなる事も
あります。

 

 

一度タスクを決めたものの

「あれ、このタスクって必要ないかも」

となる事もあるかもしれません。

 

 

タスクは目的軸から考えると
無駄をなくす事も出来ます。

 

 

考える順番として、

・目的は何か?
・目的達成の為にどんなタスクが必要?
・タスクを可能な限り細分化する
・目的の期限から逆算し、タスク振り分け
・タスク毎の所要時間の概算見積もり
・1つ1つのタスク毎に期限を付ける

 

という風に考えて行くと、
行動にムダが無くなるだけではなく

自分のタスクが期限通りに進む様に
なっていきます。

 

 

 

僕自身もそうですが、

「うわ、このタスク不要だったな」

と思った事が何度もあります。

 

 

タスクを数値化したりすると
より精度が増してきます。

 

 

 

 

タスクが完了しない時、

それは一体何が問題でしょうか。

 

 

・目的軸から逆算していない
・ビジョンが明確ではない
・数値化されていない
・そもそも、したい事じゃない

などなど、
人によって様々だと思います。

 

 

 

タスクを着実にこなす方法を
追い求める事も良いと思いますが、

「なぜタスクが完了しないのか」

という問題にフォーカスする方が
根本解決に繋がる事は多いです。

 

 

 

 

 

ぜひ、
ハシゴの掛け違いを防ぐためにも
根本問題を一度考えてみて下さいね。

 

 

それでは今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
   
【バタバタ貧乏脱出の為の
  『仕組み再構築メソッド』】で
年間報酬1000~2000万達成へ 

『理想顧客と理想の商売』 
ワークショップセミナー  
goo.gl/e58Qt4 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です