期限の考え方

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

土曜日、
明太子食べ放題の定食(やまや)と
夜に焼賣太樓(しゅうまいたろう)と言う、

食に気が向きがちな最近です。

 

すっかり秋の証拠です。

 

まあ、僕は食欲は秋だけでなく
ずっとあるのでオールシーズン
ですがね。。。

 

 


 

【中期的期限を持ってますか?】

 

孫正義さんの本に書いてました。

「期限は5年」

 

 

うなぎ上りと思われている
ソフトバンク。

 

 

実は2001年から2004年まで
赤字続きでした。

 

この時何をやってた頃かと言うと、

ADSLでプロバイダを始めた時の
話です。

 

 

ADSLが既に世の中に出ていて、
突如ソフトバンクがADSLを
取り扱い始めた頃の話、

覚えているでしょうか。

 

いわゆる「Yaho! BB」ですね。

 

 

僕はまだ20代半ばくらいの頃で、

「なんでソフトバンクがこのご時世に
ADSLをするんだよ」

と思っていました。

 

と言うのも、光ファイバーが
本格的に出回りつつある事
だったからです。

 

 

この赤字の4年間、
ソフトバンクは色々な事を
テストしていました。

 

逆に言うと、
「4年間がリミット」と事前に考え
PDCAを回しまくってました。

 

 

 

詳しくは忘れましたが、

モデムをタダで配ったり、
あらゆる場所でパラソルを出して
ADSLの告知をしたり。

 

 

この時、

どの様な場所で、
どの様な人材で、
どの様な天候で、
どの様な打ち出しで、、、

と、

訳の分からない位の手法を試し、

全てデータに取っていました。

 

 

 

そして、赤字が続いた4年の
翌年の5年目。

 

一気に黒字転換です。

 

 

僕は知らなかったのですが、
上場企業が5年以上赤字になると
上場廃止になるそうです。
(上っ面表現なので詳しい方は無視)

 

ソフトバンクは最初から、

「4年でテストをしまくる」
「5年目で一気に勝負をする」

と言う絵を描いていて、

5年目である2005年には
急成長です。

 

 

テスト、テストを繰り返し、

「一番いい方法」を見つけ、

その一番良い方法で5年目に
一気に活動です。

 

 

 

と言う話を見ると、
我々には関係なさそうにも
見えるかもしれません。

 

しかし、
僕たちには時間もお金も
限られています。

 

 

 

今持っている色んなリソース。

 

それを生かしてどの様に商売を
するのかって大切だと思います。

 

 

 

人は基本的に短期間で成果を出さないと、
と思いがちですが、

今あるリソースを使い切るまでに
あとどれだけの時間を取れるのか。

 

 

時間軸を少し長めにとってみると
日々の行動がより具体的になります。

 

あとは、焦りが無くなるという事も
利点だと思います。

 

 

焦らずコツコツ行動している人が
大きな成果を得ています。

 

 

焦る=空回り、にもなります。

 

 

少し落ち着いて、
あとどれだけの期間でどれだけの成果を
出せば良いのかどうか。

コレを考えて、冷静に行動をする事も
良い事だと思います。

 

 

焦っている人は表情や言動に
出ますからね。

 

 

 

落ち着いて仕事をする為に何をするか。

 

「~しなくちゃいけない」
と言う内容を、

少し長めに伸ばしてみて下さい。

 

 

ではっ!

 

今日もハッピーな1日を!!

 

 

————————————————————————————————

【特別レポート】

成果が出ない時の7つの共通点とは?

http://ltv-design.com/report

———————————————————————————————-

顧客価値向上パートナーズ
林田康裕

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です