接触頻度の適正は?

 

林田です。

 

 

以前、私のクライアントさんから
以下の様な質問を頂きました。

 

「お客さんに接触しすぎると
 迷惑かけるんじゃないの?」

 

と。

 

あなたはどう思いますか?

 

 

 

私の事例でお話をします。

 

とある案内を、
1週間に5回送らせて頂きました。

 

でも、反応が無いのです。

 

 

そして、
個別でご案内メッセージを
メールで送らせて頂いたところ、

 

「そんなのあるんですか?」
「買いたいです」

と回答を頂きました。

 

 

これは何を意味するかと言うと、

「お客さんは見ていない」

と言う事です。

 

 

売り手側と言うのは、

一度お客さんに案内すると、
確実に見てくれているモノだと
勝手に解釈してしまいます。

 

 

ところが、
メルマガ、DMなんかもそうですが、

一度、二度案内したからと言って
確実に見てくれている訳では
ありません。

 

 

お客さんは、

・忙しい時
・特に悩んでいない時
・直前に悩みを解消した時

色んなタイミングがあります。

 

 

同じ1日の中でも、

悩んでいるタイミング、
悩んでいないタイミングが
あります。

 

 

何かを解消したいと思うのは
人によってその欲求レベルが
時間、日によって大きく変化します。

 

 

あなたもお客さんとして
この様な経験は無いですか?

 

 

私の経験談としては、

3カ月位前から何度も案内を
送ってくれていて、

その時はそれに関して
何も思わなかったのですが、

 

ふと悩み事を考えている時に
またその業者さんから案内が
来ました。

 

 

そして、購入したのです。

 

 

人には必ずタイミングが
あるという事。

一度、二度では、
反応してくれないという事。

お客さんは色んな会社から
案内をもらっているという事。

 

この様な事を見逃して
しまいがちです。

 

 

 

あなたの商品の存在は
知っていても、

あなたの商品の価値まで
理解しているかどうかは
全く別のお話です。

 

 

一度、二度でお客さんには
伝えたい事は伝わりません。

 

 

小分けで伝えていく事も大切。

何度も案内する事も大切。

 

 

あなたの商品/サービスを
求めている方は必ずいます。

 

 

売れない時と言うのは、

・存在自体を知らない
・その価値を知らない
・悩んでいない

この様な要素です。

 

 

人には必ずタイミングが
あります。

 

 

となると、

お客さんへの接触頻度は
高い方が良いという事です。

 

 

ただ、接触頻度を
高めるだけではなく、

・お客さんに役立つ情報
・楽しみ

等を提供しながら、

あなたのメディアである
メルマガ、SNSにおいて
情報を配信し続ける事により、

あなたのブランドが構築されます。

 

 

売込みばかりのメッセージは
飽きられる事もあります。

 

 

でも、

「ココのメルマガ、為になる」

と思ってもらえるなら、

読み続けれます。

 

 

買う理由、買わない理由は、

突き詰めていけば、シンプルです。

 

 

PDCAを何度も回して
その精度を上げて行く事も
大切ですね。

 

 

何もしない、よりも、

今までとの行動を変化させ
新しいアプローチを
やってみて下さいね。

 

 

・既存顧客・既存商品で売上アップ
・顧客獲得価値
・顧客生涯価値(LTV)を上げる

マーケティングコンサルタント
林田康裕

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【超カンタン!メルマガの作り方無料動画講座】
お金を掛けずに既存顧客の価値を上げる方法は
コチラ
動画終了後はメルマガが届きます)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です